TOP > 全日制ボーカル本科TOP > ボーカル本科の特長

ボーカルかの特長イメージ
1. 無駄はしない。だから1年!
せっかく音楽学校に入学しても、音楽に関係のない授業が組まれていると無駄な時間と余計な学費がかかってしまいます。WOODではボーカリストとして必要なテクニック・知識に関するレッスンだけが組まれ、音楽以外の授業はすべて排除。そして音楽経験者は本科から入学。だから1年であなたの個性と魅力を最大限に開花させることが可能なのです。
2. 目指すデビューは本物
WOODはメジャーレコード会社や大手音楽事務所に太いパイプを持ち、多くのデビュー者を送り出してきました。よくあるその学校が運営する自社レーベルや無名レーベルの「店頭に並ばないCD」、無名サイトの「ネット配信デビュー」とは違います。『WOODアーティストプロジェクト』があなたのデビューを確実に応援します。
3. 確実なデビューチャンス
多くのメジャーデビュー者を生み出した「WOODデビューオーディション」。音楽業界から新人アーティスト発掘の場として大きな期待と信頼を得ています。さらにSNSを使った発信テクニックなどの指導も。また卒業後もWOODアーティストバンク登録によるデビューサポートが続きます。
4. 本気で上達するカリキュラム
基盤となるボイストレーニングから始まり高度なテクニックまで、1年間の徹底したレッスンが行われます。さらに、ダンス、作曲、楽器、コンピューターミュージック、レコーディングなどアーティストとして活動の幅を広げる多彩なカリキュラムが組まれています。いつでも入学できるような曖昧な全日制コースとは違い、確実なカリキュラムで実力が付くのがWOODヴォーカル本科です。
5. 個性を伸ばす個人レッスン
ボーカルレッスンで絶対必要なのが「個人レッスン」です。ボーカリストは一人一人個性が違い、歌い方は変わるはず。グループレッスンでは個々に対する指導時間はほとんどないので細かい指導はできません。たとえ少人数のレッスンでもグループだと全員同じ歌い方になってしまい、その方の個性と魅力を引き出すことは不可能です。WOODでは個人レッスンとグループレッスンを有機的に結びつける事により、グループレッスンだけの学校では得られない指導を受けられます。
6. 年間42週の大量レッスン
一般的に音楽大学や音楽学校では、夏休みや試験等で実質レッスンが年30週程度しかありません。休みでレッスンの間が空いてしまうと、音楽力修得のスピードが落ちてしまいます。WOODは「日々の継続」を重視し、年間42週と他校の1.5倍近くのレッスンやイベントを行ないます。音楽だけを大量に行なうことで1〜2年という短期間で可能なのです。
また、4月と10月の年2回入学で、他校からの転校も容易です。
7. 講師の質が違います
WOODの講師は高度な音楽力と指導法を身につけたスペシャリスト。現役プロデューサーや音楽大学の講師も含む指導のプロです。レッスンではピアノなどの楽器を自在に操りベストな指導を行ないます。カラオケを中心とした決まったパターンしか出来ないレッスンとは比較になりません。ぜひ、説明会や体験レッスンでWOODの指導レベルをご確認ください。
8. リーズナブルな授業料
内容の濃い本格的なレッスン、大量の専門授業、多数のメジャーデビュー実績、実力派講師陣‥など充実していますが、授業料は音楽大学の1/10、専門学校の1/3と大変低く設定されています。また、学歴も同時に取得したい方には、年20万円程度の学費で大学卒資格が取れる「大学部」も開講。専門学校卒業よりも大学の学士号取得の方が価値が高いのではないでしょうか。「低価格で最高の音楽を」がWOODの想いです。
9. 経験者は2年次(本科)に入学
通常の音楽専門学校や音楽大学では、その方の音楽経験・音楽レベルに関係なく1年次からの入学です。音楽経験者にとって、既にできる基礎を再度1年間もかけて受講することは大きなロスになってしまいます。WOODは初心者は基本科(1年次)に入学、経験者は本科(2年次)からの入学になります。経験者にとって余計な年月をかけるのは金銭的にも時間的にもまったく無駄です。
ウッド ボーカルボイストレーニングコース