TOP > ウッド全日制コースインタビュー > ボーカル本科生徒さんインタビュー!

ヴォーカル本科生徒さんインタビュー!
ヴォーカル本科 小山レイナさんインタビュー
 
「音楽雑誌にも、テレビにも出演させてもらいました」
 

─ 小山レイナさんがウッドで習おうと思ったきっかけは?

独学で練習していたのですが、やはり自分でできる範囲は限られていると思いました。音楽経験が深い先生にみてもらって「こういうところが足りない」とか、いろいろ教えてもらわないと「これ以上は成長できないな」と感じたので習う事にしました。
 

─ 歌を習ってみてどうでしたか??

独学の時は、自分自身で「うん、できてるじゃん?」って思っていたのですが、先生に聴いてもらうと「こういうところが出来てない」「こういうところを直した方がもっと良くなるよ」って、自分では気が付かない部分を教えてもらえました。以前に録音した歌と、習ってから録音した歌を聴き比べたら、格段に上手くなっているので、やっぱり教わることは大事な事なんだなと確認できました。
  ヴォーカル本科 小山レイナさんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 具体的にどのようなところが変わりましたか?

一番変わったのは発声です。今までは基本的な事がわからないで、見よう見まねというか適当に真似ていただけでしたが、一からウッドで教えてもらえ、根本的な発声技術の底上げができました。

 
─ ウッドのイベント等には参加したりしますか?
はい。いつも参加しています。ウッドのライブって私が思っていたよりも大規模ですし、設備などもちゃんとしています。人前に出て歌ったり演奏したりすることは、自分にとてもプラスになります。気軽にライブに参加できるというのはスクールに入る一つの大きなメリットではないでしょうか。
 
─ 学校の雰囲気とかはいかがですか?
最初はみんなとどんな会話をすれば良いのかわからないのでおとなしくしていました。みんなもおとなしかったのですが、だんだんワイワイガヤガヤと仲良くなってきました(笑)。
プライベートでも遊べるような仲良しの友達もできたし、普段では知り合えないような同じ音楽の趣味の人ともたくさん知り合えるなど、やはり同じ目的を持った人がいることはとても良いなと思いました。
 
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 小山レイナさんの将来の夢はなんですか?

ウッドの先生の紹介で、音楽雑誌に載ったり、何度もTVで全国に放映されたり、プロの人と一緒にライブなんかも経験させてもらいました。
これからは、わたしはベースもやっているのでベースボーカルでユニットやバンドでデビューしたいです。曲も作って自分の世界を表現したいです!その時は皆さん応援してくださいね。

 
─ 最後に何かメッセージをお願いいたします。

本当に音楽が好きで上手くなりたいのだったら、まずは基礎的な勉強をしっかりすることです。ある程度できる人でも やっぱり自分一人では限界があります。しっかり教えてくれる学校で習って正しい技術を身に着ける事は本当に大切です。初心を忘れずにですね。

 
ヴォーカル本科 小山麗奈さんインタビュー!
 
ヴォーカル本科 小山麗奈さんインタビュー!
 
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。
まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「目標達成の期限を決めて やるだけやってみようと思います」
 

─ ウッドに入学する前は何をされていたのですか?

実家が美容室なので美容師免許をとるために美容学校に通ってました。
 

─ ご両親は音楽についてなんとおっしゃっていましたか?

美容学校に在学中から、「自分はもう就職しないで歌をやる!」って決めていました。 当然、親は猛反対です。親には自分の歌を聴かせたことがなかったので、ある日、親と一緒にカラオケに行って自分の歌を真剣に聴いてもらったら、「やるだけやってみれば」って納得してくれました。
目標を「何年」って決めて、その間に見込みがつかめなければ、きっぱり諦めて家業を継ごうって考えてました。
しかし、ウッドの在学中におかげ様でデビューできましたので、今度は親は真剣に応援してくれています。

  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 入学する前に説明会は参加されましたか?

はい、参加しました。音楽業界についての話がとても興味深く、参考になったというより、本当に勉強になりました。また学費は自分で払うので、他の学校に比べて安いことも決め手でした。在学されている先輩方も学費が安いけど授業に納得されていたので、「ただ安いだけの学校」ではないんだと思いました。

 
 
─ 実際に入学してどうですか?
独学でやってきたことが全く間違っていました。レッスンでは、息の使い方とかしっかり教えてもらい、発声方法や腹式呼吸も自分がやってきたのは間違えていて、すごくためになってます。以前に録音した歌と今の歌を聴き比べたら全然変わっていて驚きました。
 
─ 学校の雰囲気はいかがですか?
入学前に想像していたよりも、さらにみんな音楽好きで明るくてワイワイ楽しいです。他の生徒からも「絶対音楽で食ってく!」っていう本気さも伝わってくるような学校です。
同じような目的で全員来ているので、一緒にいるとモチベーションも高まりますね。
 
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の夢はなんですか?

将来の夢は、平井堅さんや久保田利伸さん、EXILEのATSUSHIさんみたいな、バラードを聴かせられるような歌手になりたいと思ってます。

 
─ 最後に何かメッセージをお願いいたします。

ウッドの講師は皆さんしっかり親切に教えてくれるし、生徒同士も仲が良くて、ほんとにやりやすいです。技術を本格的に学べるいい学校だと思います。

 
 
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。
まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 

「チャレンジせずに後悔したくなかったので」

 

─ ウッドに入学される前は何をされていましたか?

大学を卒業して、そこから鹿児島で1年間養護学校(障害を持った子ども達の教育)の教師の仕事をしていました。職員数はすごくて、職員だけで200人くらいいました。
 

─ そこで仕事してどうでした?

自分達が当たり前にしていること、出来てることっていうのは、その子達にとってはすごく難しいことだったりするんですよ。それができたときの喜びみたいな。私生活のことで自分達が当たり前に出来ていることを子ども達が出来るようになったときは感動しました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  

─ どうして養護学校の仕事に就こうと思ったのですか?

小学校と養護学校の免許を持っていて、最初は小学校の教員試験を受けたんですけど、倍率が高くて駄目で。そのときにたまたま鹿児島養護学校から「うちで働いてくれませんか」という連絡が来て、期限付きで働くことになりました。
 

─ 音楽の道に進もうと思ったきっかけは?

元々、歌手になりたい夢はずっとあって、大学でも4年間アカペラをしていました。
でも、母が一人で僕のことをずっと育ててくれて、予備校も大学も行かせてもらったんです。母は僕が教師になって今後一生活躍することを願っていて、僕も一人息子だし、母に今まで育ててもらったから、「歌手になりたい」という夢を捨てて、母を安心させるために教師という仕事に就こうと思いました。しかし、 1年間教師をした中で「歌手になりたい」という思いは強くなるばかりで。 思い立った時が一番若いじゃないですか。今後何年、何十年と教師をやっていく中で「あのときチャレンジすれば良かったな」と絶対後悔するなと思って。東京でお笑い芸人を目指している友人に「一緒に夢を叶えよう」って後押しをされたこともあって、こっちに飛び込んできました。
 
─ 学校選びはどのようにされましたか?

とりあえず「音楽学校=学費が高い」っていうイメージがあって。色々調べたけど、どの学校も高くて。
ウッドに決めた一番の理由は学費の安さです。その中で講師の方の紹介や生徒のインタビューなど色々見ていく中で「質が高そう」と思ってここにしました(笑)

 
─ 実際に入学されてのレッスンの感想はどうですか?
先生の熱意をすごく感じました。あと、先生が生徒の皆さん個人個人の関わりをすごく大切にされていらっしゃるなと思いました。
 
─ 授業はどうですか?
グループレッスンでも一人ひとり見てもらえます。 「先生がただ教えるだけ」じゃなくて一人ひとり見てくれるところがすごく良いです。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
─ 1年間やってきて「ここが変わったな」というところはありますか?
学校に入学して基礎の部分をしっかり教わったおかげで以前とは歌い方がだいぶ変わりました。腹式呼吸だったり、人前で歌う時の表情も変わってきました。 やっぱり基礎を知るって大事ですね。まだまだ学ぶ事は多いですけど(笑)
 
─ 将来の夢は?
もちろん目先の夢としては、メジャーデビューしたいと思っています。EXILEのATSUSHIさんをすごく尊敬しているんですけど、ATSUSHIさんのような人の心に沁み渡る歌声を届けられる歌い手になりたいです。
 
─ 最後に、ホームページを見に来た人にひとこと。
授業料は安いのにそれ以上の質の教育を受けられるな、と思います。 先生達も真摯に、ときに厳しくときに優しく教えてくれて。 楽しくレッスンを受けています。
 
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「レッスンを受ける度に自分の成長をすごく感じています」
 

─ 若園さんがウッドに入学してきた頃はまだ学生さんでしたよね

はい、あの頃は高校の制服を着て通っていました。懐かしいですね(笑)
 

─ なぜ全日制に入学したのですか?

最初は月謝コースに通っていたのですが、高校を卒業したので、もっと本格的に歌を勉強したくて、4月からウッド全日制コースに入学しました。
 

─ 若園さんが ウッドで習う前は独学だったのですか?

はい。習う前は、ボーカル教則本やネットで色々と調べて勉強していました。 発声、腹式呼吸、あとはミックスボイスのやり方などですね。でも結局、本やネットの情報だけではある程度の知識はつきますが、実際には満足できるレベルにはならないので、独学では限界があると思いました。
  ヴォーカル本科 インタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 実際にレッスンを受けてみていかがでしたか?

いろいろあります。一番は高音を出しやすくなったことですね。友達からもカラオケに行った時に「上手くなったねー」って驚かれました。そして、自分の好きなPOPSばかり歌っていたのですが、歌の幅を広げるためにジャズやボサノバなどを先生に教わりました。そのおかげでPOPSを歌っても質が変わってきて、とても個性が出せるようになりました。

 
─ 先生の教え方はいかがですか?
先生は私のここがダメだからこういう練習をした方がいいよーとか、もっとこうすれば伸びるとか、私にあったやり方を具体的に教えてくれます。レッスンを受ける度に自分の成長をすごく感じています。
 
─ 最近はどんな活動をされていますか?
TVの歌ウマ番組に出演し、審査で合格を頂く事が出来ました。以前だったら絶対に番組オーディションで落ちていたのですが、今ではクリアできるようになりました。また、学校のお付き合いのある事務所から人前で歌うお仕事も頂くようになりました。人前で歌うことはとても勉強になります。「良かったです!」と言ってもらえたり、私の歌で感動して泣いてしまう方もいらっしゃったり、とても励みになります。本当にこういう機会を与えてくれた学校には感謝です。
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
─ 今後はどのようにしていきたいですか?
もっともっといろんなジャンルを勉強して、もっと自分の音楽の幅を広げていけるように頑張ろうと思います。 あとは作詞もやってより自分の世界観を出したいです。
 
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。
まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 

「中学と小学校の音楽教員をやっていました」

 

─ ウッドに入学される前は何をされていましたか?

音楽大学を卒業してから数年間、中学校と小学校で音楽の教員をやっていました。その後ヴォーカルの学校に入ろうと思い、準備のために一年間はアルバイトで学童保育の指導員をやってました。
 

─ ヴォーカル本科に入学したのは?

クラッシックを長年やっていて音大では声楽を専攻していました。歌は好きなんですよね小さい頃から。自分の表現方法をクラッシックからポップスに変更してもいいかなというか、ポップスの方が楽しそうだなと思ってウッドに入学しました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  

─ 他の学校には回られなかったのですか?

レコード会社がやっている大手のスクールにも行きました。良いのですが、ダンスのレッスンがメインな感じで、やっぱりダンサーになりたいわけではないので、ヴォーカルのレッスンが充実している所がいいって思ったんです。
 

─ ウッドに決めた理由は何ですか?

いくつかあるんですけど。説明会の時に体験レッスンがすごく充実していて先生も親切だなと思ったことと、ある程度年齢もいっているので長期間学校に通うのは難しいかなと思ったことです。学費の面でも全部自分で払うので低価格なのはありがたいかなと思いました。
 
─ カリキュラムは見られましたか?

はい。何度も見ました。ヴォイストレーニングとヴォーカル個人レッスンとか、結構細かく分かれているので手厚く見ていただけるのかなという風に感じました。後は先生方のプロフィールを見て活躍されてる方がすごく多いなと思いました。

 
─ 実際に入学されてのレッスンの感想はどうですか?
先生の熱意をすごく感じました。あと、先生が生徒の皆さん個人個人の関わりをすごく大切にされていらっしゃるなと思いました。
 
─ イベントはどうですか?
楽しいです。とっても楽しくて、あったかい感じがするなって思います。いろいろな方がいらっしゃるんですけど、観客の方も先生もあったかく見守ってくれて、安心してステージに臨めると思いました。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
─ 学校の雰囲気はどうですか?
友達がいなくて一人で入ったのですけど、先生やイベントを通して友達が増えたり、仲間も増えて楽しく過ごしています。
 
─ 将来の夢は?
ヴォーカルの仕事をしたいのですが、まだ自分の中でまとまってないところもあります。プレーヤーとしての仕事と、後はせっかくウッドで先生の教え方とかも見せていただいているので、その夢を追いつつ、先生としての技術も身に付けていけたらいいなと思っています。
 
─ 後輩の皆さんにアドバイスをお願いいたします。
音大や専門学校よりも短期間なので、音楽を優先して学校に一生懸命通うことです。地方から出てきている人とかは、仕事もしながら音楽もやりながら、体もお金も大変かもしれないですけど、"何のために働いているのか、何のために学校に来ているのか"という事を思い返しながら音楽優先でやることが大切だと思います。
 
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「リクルート在職の経験を活かして、学校選びをしました」
 

─ 塩月さんがウッド ボーカル本科を選んだ理由は?

入学する前は九州でリクルートに勤務していました。しかし、どうしてもヴォーカルを習いたくて上京しました。社会人を辞める覚悟をして東京に来たので、学校選びは絶対に失敗できないとの思いが強くありました。リクルート在職時の経験から、納得いく学校が見つかるまでは入学しないって決めていたんです。本当にいろいろな学校で体験レッスンを受けましたが、どこもなんとなく言ってることはわかるけど、でも何か違うナーっていう感じでした。でも、ウッドの体験を受けたときはすごく納得して『ああ、ここだな』って思い、その日に入学を決めました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の夢は?
メジャーデビューして有名になって、実家がある大分県のドームを観客でいっぱいに埋めて、家族と親戚を一番前の列に座らせて、ライブをして泣かせることです!
 
─ 実際に入学されてレッスンの感想は?
私が社会人を経験していたせいかもしれませんけど、ウッドという学校は全部のレッスンの連携がしっかり取れているなと感じました。生徒が困惑しないように、イヤートレーニングでも、リズムトレーニングでも、全然違う授業でも、連携をとりながら同じスピードで進行していて、本当にカリキュラムがしっかりしていると思います。
なかでも印象的だったのはウッドで新人開発をしている先生の『リアルな音楽業界』の授業ですね。私たちはそれを一番知りたいけど、ふつうはなかなか教えてもらえないことなので、本当にためになりました。
 
─ 学校の雰囲気は?
かなりアットホームですね。最初に持ったこの学校のイメージなんですが、受付の方が本当に丁寧だなって思いました。四月に入学して、こっちは全然知らない先生やスタッフ方でも生徒の名前を全員覚えていてすごいなと思いました。それで私たちも親近感を感じますし、自分たちの居場所みたいなものを見付けました。
 
─ 入学を検討されている方に一言お願いします
ウッドで学ぶと、自分の良い所・悪い所がどこか、改めてわかることがとてもいっぱいあるハズです。自分の事を追求するのはもちろんですが、周りにも全然違う人たちがいて、その人たちのいい所を見つけることも、自分を伸ばす為に必要な事だと思います。まずは絶対に説明会に行くことをお勧めします。先生もスタッフもとっても良い人ですよ。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「個人レッスンがあるのが良かったと思います」
 

─ ウッドに入る前は何をしていましたか?

高校に通っていました。高校を卒業してすぐウッドに入学して、現在、研究科(2年目)です。

 

─ 出身はどちらですか?

埼玉で、実家から通学しています。

 

─ 歌を始めたきっかけはなんですか? 

小学生の頃からいつもお風呂でも歌うくらい歌が好きだったんです。高校の文化祭の時にみんなの前で歌ったら褒められて、それで調子に乗ってセンスがあると勘違いしちゃって(笑)それで本気になったって感じです。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ ウッドを選んだ理由を教えてください。
高校生の時は、なんとなく大学に行こうと思っていたのですが大学に行ってもやりたいことが見つからないと思うようになって。大学に行くのではなく、音楽をマスターしたいって親と話しました。それからウッドの学校説明会に行って、ここでやろうと決めました。
 
─ ウッドの学校説明会の感想を教えてください。
学校説明とセミナーの後に体験レッスンもしてもらって、「やることいっぱいあるんだな」と思いました。そこでさらに興味が湧いて、もっと深く音楽を追求してみたいなと思いウッドへ入学したいと思いました。
 
─ 学校の雰囲気ってどうですか?
高校の大人バージョンって雰囲気です。でもみんな音楽をやりたいところは共通していて、部活のノリですが"だけど本気"って感じです。
 
─ 入学後のウッドのレッスンの感想をお願いします。
まず年齢層がバラバラなので、自分みたいのは相手にされないと思っていたんですけど、先輩はみんな優しくて、先生も気さくな人が多いです。授業に関しては、個人レッスンがあるのが良かったと思います。グループレッスンも、授業の内容が的確で学びやすいし、やりがいがあります。
 
─ ウッドのイベントはどうですか?
イベントは必ず参加しています。ライブイベントは会場がめちゃくちゃ良くて、あんなところで歌えるなんて多分ウッドくらいだと思います。また、オーディション形式のイベントでは、先生からその場でリアルな厳しいコメントがくるので、間違いなく成長するためのポイントだと思っています。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
─ ウッドでレッスンを受ける前と比べて変わったことはありますか?
細かいことがいっぱいあります。たとえば高音を出すとき、自分はただただ力を込めて、上を届かせるっていうのを勝手にずっとやってたんです。でもウッドにきて力を抜かないかぎり高音は絶対出ないことを知って、最初はあせりました。だけど、間違いないです。
 
─ 将来の夢は何ですか?
将来の夢はシンガーになることです。目標はシンガーになって、そこから…、やっぱりなるからには大きくなりたいです。いろんな人に自分の音楽を聴いてもらいたいし、自分は会話が苦手なので、歌詞で伝えて…。最近、音楽ってすごいなと思います。テレビでも、Shopでも、どこに行っても、音楽っていっぱい使われるじゃないですか。どんどん興味湧いてきました。
 
─ 最後に、三谷君の言葉でウッドを紹介してください。
どこの学校に行ってもそうですが、練習は絶対毎日しないといけないです。必ず練習を毎日することです。そういう、地道なことが大切だと思います。あとは周りのみんなが良いから、とても馴染みやすい学校だと思います。
ヴォーカル本科 生徒さん インタビュー
 
「先生方のレベルがすごく高いと思いました」
 

─ 戒能さんがウッド ボーカル本科を選んだ理由は?

高校生の時に母を亡くしまして、そのときに音楽に救われたのがきっかけで、自分で曲を作って歌ってみたいなと思いました。慶應大学の環境情報学部を卒業して、商社で海外の木質チップ(紙の原料)の輸入の仕事をしていましたが、対個人に直接影響を与えられるようなことがとても少なくて、『音楽を仕事にしたい!』と決心しました。
ウッドを選んだのは、一年間のカリキュラムに色んなものが詰まっているのと、
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
あと体験レッスンを受けたのがとても大きいです。レベルの高さと分かりやすさを実感してここで学びたいなと思い入学しました。
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の目標はなんですか?
MISIAさん、平井 堅さん、絢香さんのようなバラードをしっとりと歌うヴォーカリストが目標です。自分の音楽というものを確立したいし、さらにヴォーカリストとしても確立していきたいです。そしてそれらを世の中に出して認められたいと思っています。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
先生方のレベルがすごく高いと思いました。それに面倒見が良いので一人一人と向き合ってくれて、どういう風に成長していけばいいのかを良く見てくれると思います。
知識面でもカリキュラムがしっかりと組まれていて、着実に成長していけるようになっているのでとても満足感のある毎日を過ごせました。
 
─ ウッドに対するイメージは?
とても学びやすい環境だと思います。勉強して、復習して、仲間と一緒にそれを励まし合いながら楽しく頑張って行ける環境だと思います。
 
─ 後輩に一言
基礎をしっかり固めることで自分らしさを出せるので、学校で教えてくれたことを意識しながら日々トレーニングすることが大事だと思います。また、身体を鍛えてルックスに気を使うことも大切です。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「歌うこと以外にもたくさん大切な授業があります」
 

─ ウッドに入学される前には何をされていましたか?

アメリカに留学していました。
 

─ なぜ歌を学ぼうと思われたんですか?

もともと歌が大好きだったんです。自分の上手く歌えないところなどは、自分だけだとどうしたら良いのか分からなかったので、それを先生に指摘してほしいと思って学校に入ろうと思いました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 学校の説明会は来られましたか?

はい。説明がすっごくリアルというか、芸能界直通みたいな感じで厳しそうだなって思ったのですが、楽しそうでもありました。

 
─ 他の学校にも行ってみましたか?
はい。6〜7校ぐらい行きました。他の学校はほぼ18歳とか高校卒業してすぐの若い子じゃないですか。それだとテンションや考えも違うんだろうなーと。ウッドは社会人から入る人も多そうなので、自分に合ってるなと感じました。
 
─ 体験レッスンはどうでしたか?
楽しかったです。初めてのことをいっぱい教えてもらいました。姿勢がどうのとか、横隔膜を下げて歌うとか、『なんだそれ? 知らなかった』っていう感じで楽しかったです。
 
─ 実際に入学してからの感想は?
思ったより先生たちがみんな優しかったのと、とにかく楽しいです。
 
─ どのレッスンが好きですか?
やっぱり歌うレッスンが好きですよ。
 
─ イベントは参加してますか?
はい。全部参加してます。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ イベントの感想は?
緊張するけど、その緊張ってどんどんやっていくと楽しさに変わってくるので、いい経験ができてるなと思います。
 
─ 学校の雰囲気はどうですか?

アットホームですね。みんな家族みたい(笑)
先生方も一緒に楽しむ感じです。

 
─ 将来の夢は?

歌手か、タレントか、いろいろマルチに、目立つというか人前に出れるならいいな(笑)。

 
─ これからウッドに入学してくる方たちにアドバイスをお願いします。
入学したての頃は、リズムトレーニングとかイヤートレーニングとかあんまり意味ないんじゃないかなと思ってたんですよ。もう歌いたくてしょうがなかったんです。でも、だんだん日にちが経つにつれ、音を耳でトルとか、リズムのノリとかが大きく歌に関わってくるというのを教えてもらえて、自分でも気づいたし、それがないとうまく歌えるものも歌えないから、そういう歌う以外の授業もすっごく真面目にやったほうがいいなって思います。
 
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。
まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
 
ボーカル本科 生徒さんインタビュー
 
「親身になって考えてくれる先生が多くて、すごく嬉しいです」
 
─ なぜ、遠山さんはウッドボーカル本科を選びましたか?
色々と学校を探したんですけど、最初の理由は授業料が安くてお手頃だったことです(笑)。でも、調べていくと作曲と作詞も学びながら本格的なボーカルレッスンが受けられる学校がウッド以外に無かったんです。それに個人レッスンではボーカルプラス他の楽器の選択も出来るとのことなので「あ、この学校いいな」と思いました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 遠山さんの将来の目標は?
シンガーソングライターです。過去に色々な経験をしてきたので、その思いをバネにして、悩んでいる人や心に闇を持っている子たちの支えになれるような曲を歌いたいです。それを全国に届けるヴォーカリストが目標です。
 
─ ウッドの授業で感じたことは?
学校はとてもみんな仲が良くて、楽しかったです。レッスンは基礎から応用までちゃんと教えていただいて、今まで知らなかった事も色々とわかってきて、とても為になりました。本当に奥が深いと思いました。
 
─ ウッドのイメージは?
親身になって考えてくれる先生が多くて、すごく嬉しいです。こういう学校って高校出たばかりの子が多いと思うんですけど、ウッドの年齢層はバラバラというのも新鮮でした。あと、音楽やってるだけあって、変わった子も沢山いてとても面白いです(笑)。
 
─ 後輩に一言
まずは全部授業に出るのが一番です! 基本的な事から教えてくれるので、そういうのは絶対に学ぶべきだと思います。自己流でやるよりも、先生方から音楽知識を学ぶ事の方が絶対に早いし上手くなりますよ。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「ウッドを自信をもってお勧めします」
 

─ ウッドに入ったきっかけを教えてください。

他の音楽専門学校に入学したのですが、そこはメタル系ばかりで今の時代に合わないと思い辞めました。でも、音楽の夢が諦められなくて、ネットで学費が安くて良い学校はないか調べていたら、ウッドがあったんです。学費があまりに安かったので、内容はどうなのかなって不安に思いました。今度は失敗できないので、まずは説明会に参加しました。
 

─ 説明会はいかがでしたか?

ホームページにもレッスンのことなどが詳しく書いてありましたが、説明会ではカリキュラムや将来のことなどをさらに丁寧に説明をしてくれたし、レッスンも実際に体験できて、今までいた学校と違うことがよく分かりました。ウッド以外にもいろいろ有名な音楽学校の体験入学に行ってみたんですが、どこも全然ダメでした(笑)
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  

─ 入学してから授業を受けてみた感想は?

最初はペースが早いなと思いましたが、分かりやすく説明してくれるので次第に気にならなくなりました。最大の魅力は個人レッスンがあることです。他の学校だと個人レッスンがないのでウッドで間違いないです。
 

─ 授業以外はいかがでしょうか?

イベントの規模が大きくてびっくりしました。照明や音響の機材が本格的なので凄いなって驚きました。僕は人見知りで、自分から声をかけるのが苦手だったのですが、自然と友だちができて、今では毎日がすごく楽しいです。でも友だちなんですが、みんな競い合う仲間なので「友だち兼ライバル」って感じですね(笑)。
 
─ ズバリ、将来の夢は何ですか?

久保田利伸さんやCHEMISTRYさんのような、バラードを聴かせるアーティストになりたいです。

 
─ 本科を卒業して、研究科(2年生)に進学されましたね?
はい、自分の音楽をもっと突きつめたくて、研究科に進学しました。僕は入学前に良く調べてウッドが一番だと思っていたし、実際にウッドのレッスンを受けてみて、ここ以上の学校はないと確信を持ったので研究科に進学しました。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
─ 最後に皆さんに一言。
授業は絶対サボらず毎日出ましょう。必要なことばかりだし、友だちは出来るし、和気あいあいと過ごせるので出なきゃもったいないです。せっかくだったら、ぼーっとしてるんじゃなくて、どんどん勉強したほうがいいし、ここにはできる環境があります。それにイベントで発表する機会もあるので、自分の力を確認することもできます。僕もウッドで学んで変わったなって実感しているので、自信をもってお勧めします。
 
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「無料体験の先生が、私の長所・短所をズバっと言い当てました」
 

─ 中尾さんがウッド ボーカル本科を選んだ理由は?

高校卒業後、保育の専門学校に通っていましたが、音楽をどうしてもやりたくて説明会に参加しました。説明会で感じたのは『レッスンの質が高い、通いやすそう、学費が安い、カリキュラムが完成している』でした。そして一番の決め手は講師とスタッフの雰囲気の良さ! その日に受講した体験レッスンの先生が、私の長所・短所をズバっと言い当て、こういう先生がいる所なら絶対に通いたいと思いました。スタッフの方もフレンドリーで、雰囲気良く接していただきました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の目標はなんですか?
人に癒しや元気を与えられる曲を書きたいです。そしてマルチに活躍できるシンガーソングライターになることを目指しています。アニソン歌手にも興味があるなぁ。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
先生が一人一人を良く見てるなぁと感じました。私たち生徒に合わせて臨機応変に対応してくれ、面白く、分かりやすく、質問しやすい状況を作ってくれました。本当に学びやすかったです。私は曲作りもやりたかったので、DTMや作曲、音響学、エフェクター講座などが特に勉強になりました。ミュージックビジネスでは普段聞けない裏話が楽しみでした。
 
─ ウッドに対するイメージは?
ウッド大好きですよ〜(笑)。先生やスタッフの方はすごく優しくて面白い人ばかりです。ボーカル本科は生徒同士が仲良しで、良いライバルで、とても恵まれてましたね。自分さえ積極的になりさえすれば、他のコースの方とも人脈が作れます。そこからセッションとかイベントに一緒に出たりできますよ。
 
─ 後輩に一言
みんながライバルであり仲間であるから、積極的にコミュニケーションを取れば音楽友達が増えて意欲が湧きます。授業の後半に入ってくるとイベントが増えて忙しくなるので、前半の時間のある時に出来ることはやっておいた方がいいですね。あとは、自分を絶対に見失わないこと! 他人に何か言われて悩んだり焦ったり、自分と他人を比較して凹んだりする時間がもったいないです。自分は自分なので、常に前向きに。悩むときは一人で抱え込まないで、講師やスタッフの方に相談をしましょう。プロになるのに悩んでる時間なんて無いですよ。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「今の自分に何が必要なのかを気づかせてくれました」
 

─ ご入学前は何をされていましたか?

大学で心理学を学んでいたんですが、どうしても音楽を諦められずに辞めてこっちに来ました。
 

─ もともと音楽をされていたんですか?

もともと音楽は全くしていませんでした。高校生の時にちょっとだけ、友達とお遊びぐらいでギターをやっていたくらいです。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ いつからデビューを目指そうと思ったのですか?

小さい頃、10歳くらいまでオスカープロモーションでモデルをしていました。しかし親の転勤で静岡に引っ越したので、東京で仕事をするのが難しくなってやめてしまいました。たぶんそれを引きずってたみたいで。
子供だったたのでよく分かっていなかったのですが、多分人前に出るという心残りがずっとあって、自分に経済力がつき何かできる状況になって「音楽をやりたいな」と思いました。

 
─ 歌を始めようと思ったのは?

歌は子供のころからずっと好きで、自分の心の変化とかが生まれる原因も歌が多かったので「歌っていいなぁ」って思ってです。

 
 
─ ウッドを選んだ理由を聞かせてください。
一番は期間です。一年〜二年で集中したほうがやる気が続くと思ってウッドに来ました。
 
─ 説明会には参加しましたか?
はい。説明会に行って、あとは体験レッスンを受けたときに古川先生が担当だったんですけど、すごく教わりやすくて「いいな」って思ったことも入学の理由です。
 
─ 入学して、レッスンを受けた感想はどうですか?
自分の苦手なところが全部分かってきたのと、発声はすごく良くなってきました。やはりちゃんと習うと全く自分では気が付かなかったことがたくさんあります。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 学校のイメージは入学前と同じでしたか?

はい。ほとんどイメージ通りでした。
先生方のレッスンはもっと"ビシバシ系かな"と思ったら、そこが違いました。一人一人に合わせてくれるのがうれしいですね。
生徒同士の雰囲気は、温かくて、一応ライバルではあるんですけど「一緒に頑張ろう」という意思が伝わってきてやる気がおきます。

 
─ 将来の目標は?

今は、歌一本じゃなくて色々マルチに活躍できる人になりたいな、って思ってます。

 
─ 最後に、ホームページを見ている人に一言お願いします。

自分一人だけで考えていると様々なことに対して厳しく感じると思います。しかしウッドに来ると自分に何が必要かを教えてくれたり褒めて伸ばしてくれたり、厳しいだけでは何も始まらないと思います。先生の教え方も上手だし、自分のために絶対になると思います。一度見学とかに来てみてはどうでしょうか。

 
 
 
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。
まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
 
ヴォーカル本科 インタビュー
 
「学校説明会には長野から夏のバスツアーで参加しました。」
 

─ 長野県から上京してウッドで習おうと思った動機は?

地元でバンドを組んでたときにすごい失敗をして、それが悔しくてずっと落ち込んでいたんです。でも周りから聞こえてくる音楽を聴いているうちに、あらためて歌うことが自分にとってすごい幸せで、どうしても自分には音楽が無くてはならないモノだと感じました。そしてぜったいプロの歌手になりたいと思いました。
WOODさんを選んだのは、本格的にしっかりと音楽を学びたいと思い、まずお金の面ですごくリーズナブルだったのと、体験レッスンを受けさせていただいて講師の方が的確なアドバイスをしてくださったことです。この金額でこんなに自分にとってプラスになる音楽の勉強ができるんだと思いました。

 

─ 実際にウッドに入学されていかがでしたか?

イメージしてた以上でした。その理由は、実際の授業がすごい濃くて「ここまでするんだ」って思いました。
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 具体的にはどんなところが濃いレッスンですか?

想像していたのは、歌って「こういうところに気を付けよう!」っていうレッスンだと思っていたんです。でも実際には、リズムだったり、音程だったり、とても気をつけて意識しながら歌ったり、より深く学ぶレッスンでした。ほんとに想像を超えてて、すごい学校だなって思いました。

 
─ 学校の雰囲気はどうですか?
生徒さんだけでなく、先生たちもとても明るくて「こういうところをどうしたら良いですか?」って訊くと詳しく答えてくださったり、個人レッスンでも私のペースに合わせてしっかり対応してくれます。一人一人に親身になってくれる先生方です。
 
─ 他の生徒さんはいかがですか?
生徒さんはみんな真剣に取り組んでいて、自分の音楽を作っていくんだという本気度を感じました。それでいてみんな性格も優しくて、先輩もとても親切に接してくれます。
授業の前や終わった後にも練習室で自主練習をしている人がすごく多くて、やはり音楽がほんとに好きなんだなって思います。
 
  ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー
 
ヴォーカル本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の夢はなんですか?

若い人だけではなくてご高齢の方にまで聴いていただけるような、優しい音楽を作りたいです。そして自分自身でもしっかりと演奏ができ、伝えたいことを伝えられるアーティストになりたいです。

 
─ 最後に何かメッセージをお願いいたします。

入学前はすごく不安があると思うんですけど、ここに入ると、本当に先生たちが親身になってくれるし、仲間たちもみんなで楽しくやっているので、音楽を目指したいっていう人は絶対来てほしいです。
最初は一人でも、仲間が出来て協力しあえばすごいものを作っていけると思います。みんな仲間ですが、ライバルでもあり、いつも競えるようなすごくいい環境だと思いました。始めるのを悩んでる人は、ぜひ説明会に来てみてください。

 
 
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。
まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
全日制コース説明会
音楽のプロを目指す方へ ここがチェックポイント!
全日制 ヴォーカル本科
全日制 ギター本科
全日制 ベース本科
全日制 作曲本科
全日制 ピアノ本科
全日制 シンガーソングライター本科
全日制コース説明会
全日制コース 生徒さんインタビュー
アクセスマップ
よくある質問をまとめました
全日制コースについて
ウッドのイベントは盛りだくさん!
ウッド提携の学生寮!食事付きで安心♪40年の実績と信頼!
朝・夕2食提携学生寮!(株)共立メンテナンス