TOP > ウッド全日制コースインタビュー > 作曲基本科・本科・研究科生徒さんインタビュー!

作曲本科生徒さんインタビュー!
作曲研究科 生徒さんインタビュー
「サウンドクリエイターとしてゲーム会社に就職が決まりました」
 
─ 作曲本科はいつされたのですか?
ついこの間です。今年の4月に無事に卒業できました。
 
─ WOODに入学する前は何をなさっていたのですか?
実は音楽とは無縁の弁護士を目指して、大学で法律の勉強をしていました。『逆転裁判』というゲームに夢中になり、その影響で『弁護士ってかっこいいな!』って思ったんです。 それで、目指すなら司法試験の合格率の高い中央大学の法学部だということで通っていました。
 
─ そこからどうして音楽をやろうという考えに?
大学では真剣に弁護士を目指していたんですが、勉強してるうちに自分の目指す弁護士像はあくまでゲームの中だけであって、現実とはまったく違うことが分かってきました。そんなときに、自分が子供の時から好きだった音楽の道もあるかなって思えてきたんです。それで大学3年の時にウッドの作曲本科に入学しました。
  作曲科 生徒さんインタビュー
 
作曲科 生徒さんインタビュー  
─ それでは大学は中退なさったのですか?
いえ、それだと両親に迷惑をかけてしまうので、大学だけは絶対に卒業しようと思っていました。休学の道もあったのですが、今まで通り大学にも通いながらウッドの全日制で勉強することに決めたんです。元々大学では2年次までに単位を多めに取得していたので、3年次は定期試験と少し授業を受ければよくて、ウッドの全日制と両立できました。だから今は大学4年生です。
 
─ 音楽は前から興味があったのですか?
はい。音楽は子供の頃から大好きで、スピッツやUNISON SQUARE GARDENなどを聴いたり、大好きなゲームのサウンドトラックのアルバムを買ったりしていました。あと乃木坂46や、日向坂46なんかもウッドの出身者なのでよく聴いています。
 
 
─ ところでお住まいはどちらですか?
実は神奈川の逗子に住んでいます。ウッドのある新宿や江古田にはドアtoドアで2時間以上かかります。でも往復の電車でゆっくり予習復習ができたので、"考えようによっては遠いことも無駄じゃないな"って思うようにしていました(笑)
 
─ ウッドを選ばれた理由は何があるのですか?
はい、まず何よりも学費です。両親にも『自分のお金で行くから』と説得しました。なので、"ちゃんとプロを目指せる学校はどのくらい学費が必要なのか"を徹底的に調べました。ウッドの学費は他の学校の半分以下だったので、ちょっと安すぎて『大丈夫かなー』と思ってしまいましたが、決め手となったのは、学校の雰囲気です。
 
─ 決め手になった『学校の雰囲気』というと?
実は作曲本科に入学する前に、横浜校で週一回のギターレッスンを受けてみました。学校選びを間違えたらそこで終わりですから真剣でしたね。そしたら講師の人柄やレッスン内容が素晴らしかったし、居心地もとても良かったので、本気で音楽学ぶならウッドだなと決断しました。
 
─ 作曲本科に入ってからの授業はいかがでしたか?
はい。まず理論の授業ですが、面白いだけではなく、多くの練習問題や課題を与えてくださり、実力をつけるのに最適な内容でした。自分で理論の本を買っても、ただ読むだけで終わってしまい、応用できるようにはなるのは難しいんですよね。ウッドで理論を学んでから、実際の曲作りが効率的にできるようになってすごく嬉しかったのを覚えています。
 
 
─ 他のレッスンはどうでしたか?
ピアノやDTMはウッドに入ってから本格的にはじめました。楽器類は中学の時にアコギでコードを弾きながら好きな曲を歌ったり、高校の時にバンドを組んでエレキを弾くぐらいでしたので、鍵盤楽器にはまったく縁が無かったんです。その状態でピアノのレッスンを受けましたが、僕の好きな曲を中心にしてくださったのでとても楽しかったです。もともとピアノは打ち込みのために始めたのですが、今では打ち込みとは関係なくピアノを弾くことがたまらなく面白いです!。またDTMは最初に機材を揃えるところからのスタートでしたが、先生から『こういう機材がいいよ!』などと親切にアドバイスをいただけたので、それもとても良かったです。本当に充実してました。
 
─ それでは卒業された後はどうされているんですか?
おかげさまでサウンドクリエイターとしてゲーム会社に就職が決まりました。来年の4月から働き始めます。有名なゲームの開発に携わることができそうです。
 
  作曲科 生徒さんインタビュー
─ ウッドに通って良かったところは?
先生方の力をお借りしながら、一歩ずつ前に進めたのが良かったと実感しています。特に最初の頃に的確なアドバイスを頂けたからこそ、今の自分がいるのだと思います。入学当初の自分は、理論的なことも作曲に関する知識も全く…でした(笑)。そんな自分に対しても、先生方は手取り足取りイチからわかりやすく教えてくださったのでとても感謝しております。もし自分一人でDTMを始めていたら、『まず機材揃えて、次にやり方を勉強して、それから…』と続かなくなってしまい、すぐに機材が物置きに行ってしまってたなと思います(笑)
 
─ 最後に、ウッドに入学を考えている方にアドバイスをお願いします。
学校を選び間違えたら、どんなに自分で頑張ってもどうしようもないですから、必ず説明会や体験レッスンに参加しましょう。パンフレットだけで進む学校を決めるなんて自分だったらとても怖くてできません。また、授業料の高い安いはその学校の価値を決めるものではありません。ウッドは、他の学校と違って生徒に大人の方がとても多くいらっしゃいます。それに音楽専門学校や音楽大学に通っていた方も多いのは、内容が充実しているからだと思います。
本気でプロを目指すなら、ウッドに飛び込んだほうが絶対良いです!
 
作曲研究科 生徒さんインタビュー
「早いとか遅いとかよりも、学びたい気持ちが大切」
 
─ WOODに入学前は何をされていましたか?
コナミというゲーム会社で発売前のソフトの不具合をチェックするという仕事をしながら、音楽活動していました。音楽をやるのに時間の融通の利く仕事だったからです。
 
  作曲科 生徒さんインタビュー
 
作曲科 生徒さんインタビュー  
─ 音楽活動はどようなことをされていましたか?
コンピューター・ミュージックを独学で始めて、同人音楽とかそういうところで自分の作ったCDを売ったりしていました。バンドを組んでライブというよりは制作的な感じです。作品を作って売るっていう感じです。動画サイトにも上げていました。
 
─ いくつくらいからやっていたんですか?
DTMを始めたのは、2000年初頭ぐらいだったので、21,22歳くらいですかね。長いこと継続してきました。
 
─ なぜウッドに入ろうと思ったのですか?
もともと学校には行きたかったんですけどお金がなかったので、働きながら活動もし、お金を貯めてウッドに来ました。作品はある程度作れるようになっても、壁というか、どうしても上のクオリティーの人の音楽聴いたりすると「全然違うな」と感じて、基礎から勉強したいと思ったので、学校を探しました。
 
─ ウッドを選んだ理由を教えてください?
実は何年か前にウッドの短期の作曲講座受けまして、そのときの感触というか雰囲気が良かったんです。そして今回ウッドも含めて何校か学校も見学に行きました。ウッドの説明会は他校と違いすごく丁寧に説明してくださり、疑問にもすぐ答えていただいたので決めました。
 
─ 音楽制作を長くおやりになっていらっしゃいますが、なぜ入学したのでしょうか?
そうですね。最近自分の年齢とかを考えて、どうしても今勉強したいなって。先のこととかを考えると早いほうがいいなと、会社を辞めてちゃんと勉強しようと思ったんです。そのタイミングとウッドの開講が合ったんですね。
 
─ 実際にレッスンを受けて感想を教えてください。
すごく曖昧だったことが理論的にわかるようになってきました。
今まで自分が何ができて何ができてないのかっていうのが明確になりました。入学して良かったなとすごく思いました。
 
─ 学校の雰囲気はどうですか?
自分はたぶん生徒の平均より若い方ではないと思うんですけど、壁が全然無いです。他の科の子たちも積極的に話してきてくれますし。あまり自分は社交的な方じゃないのですが、皆に入りやすかったです。いろんな人と打ち解けて、雰囲気はすごく良いです。
 
─ 将来の目標夢は?
プロの作曲科として仕事をしていくことですね。
 
  作曲科 生徒さんインタビュー
 
─ 最後に一言、これから学校に入学を考えている方たちに。
今は作曲の機材がすごく充実しているので、誰でもある程度までは作れると思うんですけど、自分の視野を広げるためにも、ウッドに来ると様々な音楽性の人や先生と話をするのはすごく良いと思います。視野が一気に広がりますよ。
 
 
作曲本科 生徒さんインタビュー
「早いとか遅いとかよりも、学びたい気持ちが大切」
 
─ ウッドにご入学される前は何をされていたのでしょうか?
医療系の会社員をしていました。小さい頃にピアノやエレクトーンなどを習っていたので、会社に勤めていても、もう一度音楽をしてみたいなと思っていました。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 音楽を学校で学ぼうと思ったきっかけは?
最初はピアノが好きだったので家の近くでピアノを習おう思って教室を探していたのですが、せっかくもう一度音楽をやるなら本格的に教えてくれるところがいいなと思ってウッドに入りました。
最初はピアノのレッスンでしたけど、だんだん自分で曲を作ってみたいという事に目覚めて作曲を専攻しました。
 
─ なぜ作曲を本格的に勉強しようと思ったのですか?
私自身が悩んだ時に音楽で励まされたり勇気をもらったりしたので、今度は私が作った曲で誰かがそういう気持ちになってくれたら嬉しいなと思ったからです。
 
─ 入学されてレッスンを受けた感想は?
まず楽しいです(笑)。いままで作曲を学んでいなくて、追いついていけるか不安だったのですが、本当に何もわからない私でも 一から丁寧に教えてくださいます。
 
─ ご出身が岡山ですが、東京に出てくるのはけっこう勇気がいりますよね?
若ければ平気だと思いますが、25歳の時だったので結構な決断でしたね。でも歳とか早いとか遅いとか関係なく とりあえず自分が一番したいことをしようと思いました。
 
─ 今まで ウッドのライブイベントには参加しましたか?
入学したばかりの4月に見に行って感動しました。 9月のイベントにはピアノで出演しました。楽しくて良かったのですがとても緊張したことを覚えています。
 
─ 学校の雰囲気ってどうですか?
にぎやかな感じで来るとモチベーションが上がります。
友達とかも頑張っているので 自分も頑張ろうって思います。
 
─ 好きなアーティストはいますか?
久石譲さんです。洋楽だったら昔から好きなのがブリトニー・スピアーズで、クラブ系だったらピットブルなども聴いています。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
─ 将来の夢はなんですか?
作曲家です。具体的にはドラマとかCMとかのBGMを作ってみたいです。
良い音楽があるのとないのとでは気持ちの入り方が違うと思うので作ってみたいです。
 
─ 先生の印象はどうですか?
みんな優しくて授業も面白おかしくリラックスして授業が受けれたりします。個人は立川先生なのですがとても気に入っています。
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 最後にこれからウッドに入る方にアドバイスをお願いします。
ウッドって年齢もバラバラだから色々な人から自分の知らない音楽の事も聞けて参考になります。
アドバイスとしては、最初は気合が入ってしっかり学校へ行くんですけど、バイトづけとかになってだんだん疲れてきて休んだりしてもったいないですね。
これ私のことですが(笑)。一年って短いからこそ頑張らないといけないと思います。
 
 
作曲本科 生徒さんインタビュー
努力をすればどこまでも成長できる学校だと思います。
 
─ ウッドに入学する前は何をされていましたか?
熊本の普通の大学に通っていました。卒業後直ぐに、音楽をやる為に上京して、音楽学校をいろいろ回りました。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 学校回りはどうでしたか?
やはり、ここ(ウッド)が一番良かったです(笑)
 
─ ウッドの説明会はどうでしたか?
自分が上京したのが3月後半のギリギリだったので、他の学校回りなどでウッドの説明会日程と合いませんでした。別な日に個別で説明をお願いしたら、たまたま富田先生が空いていて詳しくお話をいただきました。最初はヴォーカル科希望でしたが、富田先生とお話していて、作曲科でもヴォーカルを学べる事がわかり、だったらそっちの方が一石二鳥だと思って作曲科にしました。
 
─ 本格的に学校で学ぼうと思ったきっかけは?
小学校一年生の時からエレクトーンをやっていてグレード5級も取りました。エレクトーンだけでなく曲作りも同じ頃からやっていました。そのような中でヴォーカルや作曲を本格的に学びたいなと思ったんです。
 
 
─ 実際にウッドでレッスンを受けてどうでしたか?
特に好きな授業は音楽理論です。小さい時から作曲とかしていたのですが、コード進行とか漠然と思っていた事が理論づけられていて、すごく納得でき、どんどんわかっていく感じがとても楽しいです。
 
─ 学校の雰囲気はどんな感じですか?
そうですね、目標がしっかりしていて努力をすれば、どこまでも成長できる学校だと思います。あと、ライブなどのイベントは凄く楽しいです。自分だけでなく、いろいろな方の歌が聞けるのが一番の収穫です。
 
─ ズバリ、将来の夢は?
シンガーソングライターです。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
─ 目指しているアーティストはいますか?
自分が最初に好きになったスキマスイッチさん、それからモンキーマジックや清水翔太さん…それら三つを融合させるような音楽がやりたいです。
 
─ 最後に後輩に一言お願いいたします。
遅刻したり、休んでしまう人もいるのですが、それをしないでしっかり頑張れば確実に成長できる学校だと思います。あと、イベントにも積極的に参加した方が経験値も上がりますし、皆さんの将来のためにもなります。成長過程の重大な役割がウッドだと確信しています。皆さんも、頑張ってください。
 
 
作曲本科 生徒さんインタビュー
みんな音楽が好きすぎるくらいに好きです。
 
─ 音楽を学びながらお仕事をしているそうですが?
ジャズバーで働いています。お店は身内みたいな感じなので、ときどき弾いてもいいよっていう時にオリジナル曲を弾いています。ただピアノはクラッシックでやってきたので今のところJAZZはあまり上手ではないのですが。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 作曲を学ぼうと思ったきっかけは何ですか?
曲作りは小学生からしていました。感性だけでピアノを使って作っていて、理論的なアプローチは全くなかったんです。プロの作曲家を目指すにはそこを補わないと難しいと思うようになり、知らない事を知らないでいるのが嫌だったんです。気付いてないことがたくさんあるだろうなって事すら知らない自分を何とかしたかったのです。そこを補強したいと思って入学しました。
 
─ ウッドを選んだ理由を教えてください。
もう直感です!私が直感で選んだものって外れないんですよ(笑)
 
─ 直感だけで決めたのですか!?
実際には説明会に参加して大丈夫だと確信しました。それからホームページを隅々まで見ました。特に入学された方の生の声(インタビュー)のページは面白かったです。しかし、良い事しか書いてないので「本当かな?」と思うところもあったんですよ。不登校になる人もいたり、先生との相性が合わなかったらどうなるのかなとか。そういう心配事はありましたね。
 
─ 実際に入学されて、感想をお聞かせください。
とにかく先生がすごく良くしてくださるのでとても満足しています。そして生徒同士仲が良いので情報を交換すると、やっぱり全員に良くしてくださっているんです。私が習っている森下先生は「分からないことがあれば毎日でもいいからメールを送ってね」と言ってくれて、実際に質問するとまめに返してくれるんです。レッスン以外でのフォローも凄くありがたいなというのが嬉しい誤算でした。やっぱりホームページに書いてある通りでしたね!
 
─ 学校の雰囲気はどんな感じですか?
みんなとても仲が良いです。私には二歳の子供がいるので放課後あまり残れないし、自宅でも音楽を勉強できる環境ではないんですけど、学校いる時間ではみんな色々な知識を教えてくれるんです。そしてみんな結構やる気があるので、それに刺激されて『やんなきゃ!』ってなるし、いい意味でも悪い意味でも焦ります。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
─ 将来の夢はなんですか?
もちろん作曲家です。いろいろな方面から曲を提供してほしいっていうお話をいただけるようになれたらって心から思います。
 
─ これから入学を検討する方にアドバイスをお願いします。

生徒のみんなと会話をして、モチベーションを上げましょう。それと、先生の言う事を素直に受け入れることですね。あるがままに聞く事。先生が言ってることは本当に正しいので、自分に足りていない部分を的確に教えてくれます。ダイレクトに言われて傷つくこともありますが「それを乗り越えてほしいな」と、来期の生徒さんに言いたいですね。
あと、やっぱ楽しいですよ。みんな音楽が好きすぎるぐらいに好きなんで、一緒にいると幸せです。

 
 
作曲本科 生徒さんインタビュー
何でもチャレンジしていく気持ちが一番大切だと思うんです。
 
─ 入学される前は何をされていましたか?
会社員です。造船所で大きな船を作っていました。
 
─ 作曲を勉強しようと思ったのはどうしてですか?
作曲は昔からやっていたのですが、仕事を始めたら全然そんな余裕がなくなってしまい全くできなくなりました。職場では僕が年齢的に上になり、周りも落ち着いてきたので、最後の挑戦で一回思いっきりやってみようかなと思ってウッドに入学しました。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ ウッドを選んだ理由は?
学校の最初の候補はウッドでした。ヤフーの知恵袋にもウッドが良いって書いてあり、いろいろ調べてもウッドがいいなとすごくわかりました。そして、授業内容と授業日数と学費、そして場所で決めました。
 
─ 説明会は来ましたか?
はい、行きました。説明会に行くときにはすでに入学は決めてまして、一応確認という感じで行きました。説明会当日に入学の手続きをしました。
 
─ 実際のレッスンの感想は?
作曲って自分が思っていたよりもすごく難しかったです。入学前は変な自信があったのですが、それが打ち砕かれる部分があったりだとか、逆に、あ、いけるかなと思う部分もありものすごく勉強になっています。
 
─ 好きなレッスンってなんですか?
やっぱりパソコンのDTMですね。それから作曲の方法は教わってやったことがなかったので、いろいろ学べることと、教えてくださる先生が多いのでありがたいですね。
 
─ ウッドの雰囲気はどうですか?
みんなで集まれる場所があるので、他の科の人達と触れ合えて共有したり、意見交換できるのがいいですね。雰囲気は凄く明るいです。逆に明るすぎちゃう所があって、怠けちゃうところもあるんですけど(笑)
 
─ 将来の夢はなんですか?
将来は作曲してそれを使っていただけるのが一番ありがたいんですけど、作曲だけでなくアレンジャーとかにもなりたいなとは思います。あと、アニソンとか作ったことがないのでどんどん挑戦したいと思います。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
─ 来年度入ってくる作曲本科の方にアドバイスはありますか?

どんどん積極的に、受け身にならずに自分から踏み込んでいくのが一番だと思いますね。構えちゃう人や、自分に自信がない人でも、学校に入ったのをきっかけに自分を一回リセットして、何もかもチャレンジしていくぐらいの気持ちが一番大切かなと思うんですよね。後はそうですね…授業はしっかり真面目に受けることですね。

 
 
作曲本科 生徒さんインタビュー
明日の糧になってもらえるような作曲家になりたいです。
 
─ ウッドに入学する前は何をされていましたか?
学校を卒業してから居酒屋の店員などずっとフリーターをやっていました。また、海外に留学したり、短大の通信に行ったり、色々していましたね。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 作曲を本格的に学ぼうと思ったのは?
ちょっと情けない話なのですが、私には長続きしたものがほとんどありません。ただ、小4で始めた曲作りだけはやめることなく続けていました。それでもっと専門的に学ぼうかなと思い、いろいろな学校を探してウッドに辿り着きました。
 
─ なぜ、ウッドを選んだのですか?
ネットで調べて、色々な学校のオープンキャンパスや説明会を周りました。その中でウッドが一番自分に合っていると感じました。学費が一番安いというのも大きな理由なんですけどね(笑)。他の学校は2年制で、年間で200万円位かかるので無理はしたくなかったんです。
 
─ ウッドの説明会の印象は?
他の学校は堅くてカチカチしていましたが、ウッドは講師の方やスタッフの方がフレンドリーでとても安心しました。
 
─ 実際に入学してレッスンの感想は?
期待以上でした。思っていた以上に講師の方が丁寧に指導してくださるし、音楽力も高くて想像をはるかに超えました。
 
─ 好きなレッスンは?
作曲の個人レッスンが一番好きです。今までは感覚でしか曲を作ったことがなかったのですが、それを先生に聴いてもらって、先生が技と知識で広げていってくれるのでとても楽しいです。
 
─ 学校の雰囲気はどうですか?
細かい校則もないですし自由なので、しっかり自分を持って授業に挑むのがベストです。生徒同士ではなるべく話すようにしています。せっかく知り合ったのですからね。
 
  作曲本科 生徒さんインタビュー
─ 将来の夢はなんですか?
普段忘れている大切なコトを思い出させてくれるような曲を作りたいです。私の中ではお花のキンモクセイと一緒のポジションなんです。キンモクセイの香りを嗅ぐと、とても切なくなる感じで、いつもは忘れている大切なことを思い出せます。私の曲を聞いて、その人の人生で大切なことを思い出してもらって、明日の糧にしてもらえるような作曲家になりたいですね。
 
─ 最後に一言。後輩に伝えたいことは?
私はウッドに入学したばかりの頃は曲が全然書けなくて、でも周りはどんどん曲を作っているので悔しいなと感じていました。でも、この学校に入った原点に帰って一日一日を大切に過ごして頑張ると、だんだん道が開けてきます。皆さんも、そんなときは焦らないで自分のペースで頑張ってください。 先生やスタッフの方が助けてくれますよ(笑)。
 
 
作曲本科 生徒さんインタビュー
一年間通して音楽づくしっていうイメージです。
 
─ 川畠さんがウッドを選んだ理由はなんですか?
やっぱりまず1番には授業料が安いところです(笑)。その上、カリキュラムが豊富そうだったので選びました。 実際に受けてみると思っていたより内容が充実していたので驚きました。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の夢はなんですか?
勉強しているうちに、オールマイティーにジャンルを問わずなんでも書けるプロのコンポーザーになりたいと思ってきました。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
先生がかなり熱心に教えてくれるし、生徒一人一人に担当の先生が付いてくれるので、とても身近な感じで知りたいことが聞けました。そういったところがお得だな(笑)と思いました。
 
─ ウッドに対するイメージは?
授業が一年間通して音楽づくしっていうイメージです。好きなことを徹底的にできるって素敵です。
 
─ 後輩に一言
休まないで毎日学校に来れば必ず上達すると思います。頑張ってください。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
作曲本科 生徒さんインタビュー
働きながらよりもまとめて時間を取って学びたかった。
 
─ 小林さんがウッドを選んだ理由はなんですか?
ウッド入学前は社会人でしたが、どうしても音楽をやりたかったのでお金を貯めました。授業料安かったのと、もともと月謝のコースで作曲の個人レッスンを受けていたのでウッドの良さを知っていたので本科に進学しました。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の夢はなんですか?
作曲家です。ボーカロイドもつかったりいろいろやってみたいと思っています。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
まとめて時間を取って、学んだ方が身に付くと思いました。働きながらバラバラの時間でやるよりもすごくためになったという感じです。楽器の演奏力はまだまだ弱いので、これからも頑張ろうと思います。クラッシック理論とポピュラー理論は一番勉強したかった所を授業中に課題をやりながら取り組めたので、ちゃんと覚えられたかなという印象です。
 
─ ウッドに対するイメージは?
にぎやかな学校でした。あと先生は聞けばちゃんと答えてくれるのでありがたかったです。たまに優しすぎる先生も居るので、自分からもうちょっと厳しくしてくださいと言う時もありました(笑)
 
─ 後輩に一言
バイトで忙しくなってレッスンに来なくなっちゃう人がたまにいるので、それは凄くもったいないと思います。バイトとレッスンの両立を図りましょう。もし自信が無くなって"だめだ"と思っても諦めるのじゃなくて、少しでも進めるよう、諦めないでレッスンを続けてください。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
作曲本科 生徒さんインタビュー
感性だけでなく、理論的に構築できるようになりました。
 
─ 花谷さんがウッドを選んだ理由はなんですか?
サウンドデザイナーという雑誌で学校紹介の所にウッドが載っていまして、交通のアクセスの良さとリーズナブルな値段がいいなと思いました。それまでは大阪で活動していたんですけど、行くのであれば初めての東京で迷わない所がいいなと思って、新宿のウッドに決めました。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
 
作曲本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の夢はなんですか?
稼業をやりながら、作曲家として活動していきたいと思っています。
 
─ ウッドでのレッスンはどうでしたか?
今までは感性で曲を作っていたので、入学してからはその曲を理論的な側面からどういう風に考察するかを学ぶ事ができて非常に新鮮な思いでした。作曲は感性でやってきたのですが、理論的に構築できるようになったのは大きいですね。
 
─ ウッドのイメージは?
作曲本科同士、仲良くやってきました。講師の方も、みなさん色んな面に精通しているので、そういう面では自分の曲に敵確なアドバイスをいただけるのはありがたいと思っています。
 
─ 後輩へ一言!
講師の方々が教えてくれる理論とかは、結局は設計図を書くルールを教えてくれているものなので、何を作りたいかは自分で考えてやっていくものだと思います。作ってもらおうとか、そういう心構えではなくて、自分で何を作りたいか、それに対して学校をどのように効率よく活用できるかという所が大事だと思います。他力本願ではなく、自分自身で講師の方々にアプローチしていくようなセルフプロデュースできるような能力が大切なのだと思います。
  作曲本科 生徒さんインタビュー
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。まずは説明会にお越しください。
 
全日制コース説明会
音楽のプロを目指す方へ ここがチェックポイント!
全日制 ヴォーカル本科
全日制 ギター本科
全日制 ベース本科
全日制 作曲本科
全日制 ピアノ本科
全日制 シンガーソングライター本科
全日制コース説明会
全日制コース 生徒さんインタビュー
アクセスマップ
よくある質問をまとめました
全日制コースについて
ウッドのイベントは盛りだくさん!
ウッド提携の学生寮!食事付きで安心♪40年の実績と信頼!
朝・夕2食提携学生寮!(株)共立メンテナンス