TOP > ウッド全日制コースインタビュー > ベース本科生徒さんインタビュー!

ベース本科生徒さんインタビュー!
ベース本科 荻野耀子さんインタビュー
 
「1から鍛え直して掴んだメジャーデビュー」
 
─ 荻野耀子さんが 音楽を本気で始めたきっかけは?
2年前の高3の時に、スカパーの「JK Fridaynightばきゅん!」って番組で知り合った プロデューサーさんに紹介されて、やはりスカパーの「アキバ系BBチャンネル」で生まれた4人 組ガールズバンド『Up's Infinity (アップス・インフィニティ)』でベースを担当 してからですね。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ バンドはどのような活動をされていましたか?
CDを出したり、タワーレコードでインストアイベントをしたり、地方でライブをしたこともあります。
 
─ デビュー後にウッドに入学したんですね。
はい。バンドは残念ながら解散してしまいましたが、活動していた2年の間はもっともっと音楽を本気で勉強したいなって思っていました。
 
─ ウッドを選んだ理由は?
全日制コースの説明会に行って、入学を決めました。集中的に学べるっていうのが、自分の中で魅力的だったので即決しました。それと、先生方が親切だったし、担当していただいた大場先生の体験レッスンが凄くよかったです。
 
─ スクールの印象はいかがですか?
すごくいいです! 先生方もみんな明るくて、名前もすぐ覚えてもらいました (笑)。
私は高校を卒業してすぐデビューしたので、久しぶりの学生生活を楽しんでいます(笑)
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
─ 入学してベースは変わりましたか?
これまではベースのことはほぼ独学でやってきて、弾き方や運指とかがごちゃごちゃだったんですけど、担当の佐伯先生と大場先生に1から指導してもらって、だいぶ弾きやすくなりました。自分がずっと疑問に思っていたことや、誰にも聞けなかったことも、質問したらすぐに教えてくれて、悩みもすぐ解決されました。
 
─ 将来の夢は?
やはりガールズバンドのベーシストとして活動することですね。とりあえず今はいろいろなところにアピールしてがんばっていきたいなと思っています。
 
─ ホームページを見ている人にひとこと。
ウッドはとてもアットホームな学校だと思います。
先生と生徒の距離が近くて何でも相談できるので、「学校がちょっと苦手だったな」という人も、きっと気軽に通えるんじゃないかな。
人数もちょうどいい感じで、みんなが仲良くなれるのもいいし、とにかくアットホームで楽しい学校です!
 
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ベース本科 冨田学美さんインタビュー
 
「絶対に入学前とは違う自分になれる」
 
─ なぜウッドを選んだのですか?
最初は「音楽理論」を週一で学べる学校は無いのかな?と思っていろいろ探していたのですが、全日制の学校も良いのかなって思って探し直しました。ウッドは1年だったのとレッスン内容の割に学費がかなり安かったので説明会に行きました。そこで体験レッスンを受けたらすごく良くてここに決めました。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ 独学でなく学校で習おうと思った理由は?
バンドをやっていた時に他のメンバーが音楽理論の話をしているのを聞いていて自分には理解ができなかったんです。参考書とか買って独学で勉強をしたのですが、どれを読んでもぜんぜん分かりませんでした。
だから学校で順を追って教えてもらえば理解できるかなって思ったからです。
 
─ ウッドのレッスンはいかがですか?
難しく思っていた音楽理論もこんな風に考えれば意外と簡単なんだなとか、色んなことが吸収できます。毎日たくさんの刺激を受けますし、一つ一つわからなかった事が どんどん解決していくのが面白くなっています。一年前のウッドを知らなかった時と比べると 自分がかなり変わってきてるなって思います。
先生も何か質問をしたときとかもすごく丁寧に教えてくれます。ウッドの先生のレベルはとても高いですね。
 
─ ウッドのイベントは参加しましたか?
どのイベントもけっこう面白いです(笑)。 あんまり期待を上げずに行ったら期待を超えてました(笑)。他の科の人達とも交流する機会があるので、いろんなジャンルの人とも知り合えてすごく良いです。ベース科は特に仲が良いですよ。授業の合間にご飯を食べに行ったり、休憩室で話をしたりとか、みんな仲が良いです(笑)
 
─ ウッドの雰囲気は?
年齢とかバラバラなのに話をしやすいし、とても通いやすいです。だからやめた人はいませんよ。大学や専門学校だと同じ歳くらいの仲間だとわりとぶつかり合う事もありそうだけど、年齢が上の人もいれば下の人もいてすごくアットホームな感じがします。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
─ 目標にしているアーティストは?
ベースで尊敬しているのはラリーグラハムさんという方です。ラリーグラハムさんのスラップに憧れました。
 
─ 将来の夢は?
ベーシストとして必要な存在になってみたいです。このバンドのメンバーの一人って見られるんじゃなく、ベーシストとしての誰々みたいな感じに思われたいです。だから自分のバンドを組んでも、そのバンドだけじゃなくてベーシストとして他の現場に呼ばれるとか、そういう風になれたら最高ですね!ベーシストとして有名になりたいです。
 
─ これからウッドに入ってくる生徒さんにひとこと。
ウッドに入ってすごく良かったなと思います。長期休みとかが無くて1年集中して取り組めます。
大学や専門学校のような長期休みがあると気が抜けちゃったりするじゃないですか。遊ぶ予定をたくさん入れてしまったり、バイトの予定をいっぱい入れちゃったり。でもここは1年間みっちり集中して出来るので、ちゃんと授業を受けて練習すれば、絶対に入学前とは違う自分になれると思います。
 
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ベース本科 荻野耀子さんインタビュー
 
「学べば学ぶほどドンドン面白くなっていく」
 
─ 入学前は何をされていましたか?
正社員として販売業で3〜4年働いていました。
音楽を始めたのは23歳のときで、すごく遅いんです。
音楽は元々好きで興味はありましたが、本格的にベースをやろうと思ったのは22歳のときで、社会人になってからです。
 
─ ウッドに決めた理由は?
ウッドの説明会に参加した時、体験レッスンを担当されていた先生がすごく親切に教えてくれたのと、講師のデモ演奏のアドリブセッションが「すごい」の一言で、ここだと決めました。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ 入学してみての感想は?
先生もすごいのですが、同級生も上手い人が多くて、ちょっと「やばいな」と思いました。
授業は先生がとても親切で、質問してもわかりやすく何回も教えてくれるのが個人的には助かってます。
 
 
─ 将来の夢は?
ベース科に入っておいて申し訳ないんですけど、将来的には作曲の方で成功したいです。
乃木坂46とかの曲を作っている杉山勝彦さんっていう人がいるんですけど、その人みたいに、たくさんの人に届くキャッチーな曲を作りたいです。
 
─ 全日制ベース研究科に進んだきっかけは?
1年間学んでみて、学ぶほど面白くなっていき、もっと勉強したいと思ったからです。
本科でベースをしっかりマスターしたのですが、さらに深めたいなと思ってベース研究科に入りました。
 
─ ウッドの入学を検討している人たちに一言。
入学前は音楽友達がいなかったんですけど、ウッドに入ってからたくさんの音楽仲間ができて、自分は幸せだなと思います。
音楽仲間がたくさんできると、さらに音楽的知識もいっぱいついてきます。ライブに友達と出ることもできますし、音楽漬けの毎日を送れる学校です。ウッドは音楽の楽しさがとても多く学べる学校だと思います。
 
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ベース本科 荻野耀子さんインタビュー
 
「365日音楽漬け。継続すれば道は開ける」
 
─ 入学前は何をされていましたか?
大学の芸術コースで、日本画を描いていました。
 
─ ベースはいつから弾き始めましたか?
高校の音楽コースで、1年生のときにコントラバスを弾いていました。
大学は音大ではなかったのですが、もう一度音楽をやろうと思ってエレキベースを始
めました。そして卒業後も音楽の道を諦められなくて、ウッドに来ました。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ 他の学校は見に行きましたか?
大阪に興味のある学校があって、ひとつ行ったんですが、ちょっと授業内容と雰囲気
が自分に合わないなと思って。
ウッドの説明会に来て、「あ、ここにしよう」と思いました。
 
─ 実際に入学して印象は変わりましたか?
本当に音楽ばっかり学ぶんだなと実感しました。
来てよかったっていうか、「音楽してる!」と思いました。
 
─ 普段心がけていることはありますか?
今年から365日毎日、絶対に休まずベースを弾き続けるって決めました。
土日とか、学校がないとベースを弾かなくなってしまう日があったので、それじゃだ
めだと思いました。
 
─ 女性ベーシストは少ないから、ライブによく呼ばれるのでは?
イベント前には声かけてもらえますね。学校のライブには何が何でも出るようにしています。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
─ 尊敬するアーティストは?
ベーシストではRADWIMPSの武田祐介さんがものすごく好きで、尊敬しています。あとポール・マッカートニーとか。Beatlesが好きなので。
 
─ 将来の目標は?
やっぱりバンドで活動していきたいです。日本というよりは世界で活躍していくアーティストになりたいと思っています。
 
─ なにか一言コメントをお願いします。
できないと思っていることでも、信じて続けていくことが大事です。
ありがたい事に、少しずつサポートベースの依頼や、舞台での生バンド演奏、その他案件をいただけるようになってます。
続けていれば絶対道が開けるというか、努力が実ると思うので、諦めないでほしいなと思います。
 
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ベース本科 生徒さんインタビュー
 
「学校説明会での度肝を抜かれたギターベースセッションが決め手」
 
─ ウッドに入学しようと思ったきっかけは?
高校1年生の時に地元のギタリストに誘われて、マキシマムザホルモンやONE OK ROCKのコピーバンドをしていました。最初はお遊び程度だったんですが、だんだん本格的にやろうと思うようになって、高校を卒業してスクールを色々探してみてウッドを見つけました。最初にバンドに誘ってくれたギターとヴォーカルとの3人で一緒に入学しました。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ ウッドを選んだ理由はなんでしたか?
他の学校も検討したんですが、学費が安かったのと、個人レッスンが受けられるのがポイントでした。それに説明会に参加して、椎名先生と大場先生のギターとベースのセッションに度肝を抜かれて、迷わず決めました。
 
─ レッスンはどうですか?
個人レッスンもグループの授業も自分のためになるなって思います。独学ではやっぱり限界がありますし、先生に教わって分からなかったことがわかるようになった感動ものです,自分でも少しは成長できたかなって思います。
 
─ ウッドの雰囲気はいかがですか?
「ザ・学校」って感じで楽しいです(笑)。ギター科やベース科を中心に友達もできて、わいわいやっています。イベントもライブがたくさんあって充実しています。ステージ経験が増えて、度胸がつきました。ライブでは賞をもらったりして、自信につながっています。
 
─ 将来の夢は?
バンドマンになってライブハウスツアーをしてみたいです。
 
─ 入学を検討している人にひとこと。
本気でやるならウッドです! 楽しいし、先生もすごいので、あとは自分のやる気次第です。途中でダレることもありますが、そこをいかに乗り越えるかが大事だと思います。
 
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ベース本科 生徒さんインタビュー
 
「一年間の成長をものすごく感じました」
 
─ 東田さんが ウッドを選んだきっかけは何ですか?
ウッドの事はBASSマガジンで初めて知りました。他の学校と比較した結果、ホームページやパンフレットから『自分に一番合う学校だな』と思い「説明会」に行きました。音楽だけの授業で、夏・冬・春休みが無く一年間本気で打ち込めるカリキュラムということが一番のポイントでした。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の目標はなんですか?
ベーシストに限定せずに音楽プロデューサーの仕事にも携わりたいです。
 
─ ウッドでの授業はどうでしたか?
凄いです! 内容が充実しているだけでなく、現場で活躍している先生からの経験談もたくさん聞けて、本当に参考になりました。入学する前にレコーディングした自分の演奏を聴いてみたら、一年間の成長をメチャ感じました。(笑)
 
─ ウッドに対するイメージは?
先生も凄いし、イベントもたくさんあってどんどん実力が付けられる場所。もっと多くの人に知ってもらいです。
 
─ 後輩に一言
遠方から上京してくる人は凄く不安かもしれませんが、ウッドは先生も熱心だし、スタッフも気さくで話しやすいからすぐになじめます。先生を信じて頑張ればきっと自分の理想に近づけると思います。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ベース本科 生徒さんインタビュー
 
「先生のテクニックに一目惚れ。ココなら上達できると確信」
 
─ 中村さんが ウッドを選んだきっかけは何ですか?
関西ではかなり有名なバンドでベースを担当していました。仕事の関係で千葉に引っ越して来た時、自分のモチベーションを上げるためにに週1回で習うとかじゃなくて、1年とか2年とか毎日通えるような所を探して、いくつかの学校を調べました。しかし電話の対応が悪かったりパンフレットが送られてこなかったり変なところが多かったです。ウッドは対応も良くいろいろな相談に載ってくれたので、ここに決めました。
  ベース本科 生徒さんインタビュー
 
ベース本科 生徒さんインタビュー  
─ 将来の目標はなんですか?
一番はベースの先生になりたいです。あとは、地元の千葉でライブを頻繁にやるのですが、結構有名な音楽仲間が増えまして。そういう人達からライブハウスでのセッションに誘われることが多くなってきて、そういうことにも興味が出てきましたね。
 
─ 実際のレッスンはどうでしたか?
とにかく良かったです。担当の大場先生のテクニックには一目惚れでした。本当に素晴らしい先生で、一回でも受ければそういうのって分かるじゃないですか。この先生ならもっともっと上手くなれると実感しました。本科の個人レッスンは先生を選べるのですけど、全部大場先生にしました。そのおかげで上達がグッと早くなったと思います。
 
─ 学校の雰囲気は?
先生やスタッフの方が学校を明るく楽しいものにしてくれていましたね。いろいろなイベントがあって、中でも修学旅行が凄く良かったです。普段から先生には仲良くしてもらっていますが、さらに仲良くなれた感じがします。
 
─ べース本科を検討している方にアドバイスをお願いします
みんな色んな目標や想いがあると思いますが、ウッドの先生なら誰にでも応えてくれると思います。どんどん先生にアプローチしていろいろ聞いた方が良いですね。先生方はとにかくみんな親切なので、音楽の相談とか、全然違うけど恋の悩みとかもいいんじゃないかなと思います(笑)
  ベース本科 生徒さんインタビュー
ウッド全日制コースにご入学する方は様々。でも、共通しているのは"音楽が好き!"ということ。まずは説明会にお越しください。
全日制コース説明会
音楽のプロを目指す方へ ここがチェックポイント!
全日制 ヴォーカル本科
全日制 ギター本科
全日制 ベース本科
全日制 作曲本科
全日制 ピアノ本科
全日制 シンガーソングライター本科
全日制コース説明会
全日制コース 生徒さんインタビュー
アクセスマップ
よくある質問をまとめました
全日制コースについて
ウッドのイベントは盛りだくさん!
ウッド提携の学生寮!食事付きで安心♪40年の実績と信頼!
朝・夕2食提携学生寮!(株)共立メンテナンス