TOP > ピアノスクールTOP > 生徒さんインタビュー 「私の音楽ライフ」

ピアノスクール インタビュー

─ ウッド ピアノ本科を選んだ理由は?

音楽大学ではクラシックを勉強しましたが、JAZZやポピュラーにも凄く興味があり、こちらも学ぼうと考えたからです。ウッドだとピアノだけでなくボーカルやキーボードなど他の楽器も総合的に学べそうなので選びました。

─ これからの目標はなんですか?

子供が大好きなので自分で音楽教室を開設するつもりです。ピアノだけでなくリトミックやウッドで習ったいろいろな音楽も教えたいですね。

─ ウッドでの授業はどうでしたか?

個人レッスンが週に2回もあって細かく演奏をみてもらえたので感激です。アンサンブルの授業などもとても勉強になりました。あと、イヤートレーニング!凄い大事ですよね、耳コピとかね(笑)。

─ ウッドピアノ本科を受講した感想は?

いままでクラシックだけだったのですが、色んなジャンルが演奏できるようになりました。 あと、同じ趣味を共感できる本当に仲の良い友達がたくさん出来たことがすごく良かったです。先生も素敵な方ばかりです(笑)。

─ 後輩に一言

色々なことをやるので苦手なことも出てくると思うけど、それを少しずつ克服しながら自分の好きなものを向上させて、いっぱい音楽を好きになってください。

─ ウッド ピアノ本科を選んだ理由は?

今までクラシックしか学ばなかったので色々なジャンルが弾きたいと思っていました。音楽で仕事をしていくには何でも弾けなくてはダメだということも考えていました。専門学校や音大ではクラシック中心なので、ウッドのカリキュラムはとても魅力的に感じました。そして、何より授業が効率的に一年間でギュッと詰まっているところが最高です。

─ 将来の夢はなんですか?

自分の子供を持つようになった時、自宅で近所の子供たちと一緒にピアノを楽しんでもらえたらな、と思ってます。

─ ウッドでの授業はどうでしたか?

本当にどの授業もためになりました。クラスの人数もそんなに多くないので分からないことはその場ですぐ聞きながらたくさん勉強できました。

─ ウッドピアノ本科を受講した感想は?

ウッドには音楽が好きな人しか集まっていないので、色んな人と触れ合えてとてもいい環境でした。また、ピアノだけでなくエレクトーンや作曲専攻の人たちとも仲良くなり、音楽の視野がとても広がりました。

─ 後輩に一言

やりたいなと思ったことはなんでもやる!せっかく入学して一年間たっぷり音楽に浸かれるのだから、やりたいことはなんでもチャレンジしてみてください。

─ ウッドで仲良くなった友達ですか?

山口さん、樫野さんはウッド全日制コースで知り合い、今ではとても気の合う仲の良い友達なのだそうです。 友達は財産って言いますけど、気の合う仲間ができるってとても素敵なことですよね。

─ ウッドを選ばれた理由は何でしょうか?

色々と音楽学校を比較はしました。ウッドはカリキュラムや授業の形態が具体的で分かりやすかったですね。また、授業料も分割なら払えそうなので、これならアルバイトしながら2年間通えると思ったんです。最初はピアノ基本科に入学しまして、そのあと練習の甲斐あって本科へ進学しました。

─ 説明会には参加されましたか?

はい、参加しました。とにかく講師の方がバカバカ弾いてくれて、すごい学校だなという印象でした。

─ 実際にレッスンを受けた感想は?

ピアノは高校2年生から独学で始めました。レッスンを受けるのが初めてだったので、最初はついていくのが大変だったんですけど、何回かレッスンを重ねる毎に自分が独学していた内容と照らし合わせて『ああ、こういうことだったんだな』と理解していきました。

─ イベントなどには参加されましたか?

コンサートや修学旅行に参加しました。イベントはとても楽しいので年に何回あってもいいですね。

─ これからの目標はありますか?

演劇とかのバックミュージックを作ったり、自分でピアノの曲を作ったり、あたり前なのですが、ずっと何歳になっても音楽に携わっていければと思っています。演劇の曲はもう何百曲もあります。また、ピアノの調律も少しやっています。今、文化会館の演劇関係の仕事もしてますので、そういう所で色々なステージとかを見て、自分でも企画をしたいと思っています。

─ 来年度入学される本科の生徒さんに一言お願いします。

ウッドの生徒は年齢層が広いので、コミュニケーションとか最初は戸惑うかもしれないですが、私はお茶を飲んだり、食事に行ったりして仲良くなりました。レッスンによっては少人数のグループになりますので、そういう時はお話したり、たまには飲みに行ったりしましたね。そうすると、楽しく毎日通えるのでいいかなと思います。

─ ウッドを選ばれた理由は何でしょうか?

ウッドを選んだ理由は授業料が安いということが一番でした。他の学校は高くて手が出なかったので。それと、ピアノを始めた小学校三年生の時から「月刊ピアノ」という本をずっと買っていたのですが、その中にウッドの掲載ページが結構あったので、その時から興味がありましたね。

─ 説明会には参加されましたか?

はい、参加しました。講師の森下先生のデジタルピアノを使った演奏がありました。今まで僕もデジタルピアノで練習していたんですけど、あんな風に弾けるとは思わなかったので感動しました。ああいう楽器の機能をフルに発揮した使い方があるんだなと知り、デジタルピアノを見直し、僕も先生のように弾けたらなとも思いました。

─ 実際にレッスンを受けた感想は?

しっかり基礎から教えてくれるし、自分にあったペースでできるので、充実した日々を送れたと思います。音楽理論の授業は好きなレッスンでしたね。

─ 学校の雰囲気はどんな印象でしたか?

イベント等も多かったしとてもいい感じでした。僕は修学旅行に参加しましたが、色んな先生方と話ができてとてもためになりました。あと、ピアノ科は女の子が多かったのでもう少し男の子がいてくれたら良かったですね(笑)

─ 最後に一言お願いします!

僕はアドバイス出来るようなことはないのですが、授業をサボることもあったので、ちゃんと全部出ないとだめだなと思いました。調子が悪かったり、バイトが忙しかったりして出ない時もあると思いますが、ウッドの授業は考えられたカリキュラムなので出席しないといけないですよ。

─ ウッドを選ばれた理由は何でしょうか?

仕事は色々とやっていたのですが、エステティシャンが主でした。

─ ピアノはいくつぐらいから?

中学校まで習っていたのですが、部活動とかが忙しくて、社会人になってから再度はじめました。だから、ブランクは結構ありましたね。

─ ウッドを選んでいただいた理由は?

先生がすごく親身になって教えてくださいました。優しくてアットホームだけど、厳しいところもあり、技術的にとても伸ばしていただきました。あたたかみのある先生方ばかりでとても良かったです。音大とかだと冷たい印象があったのでウッドに入学してよかったと思います。

─ ウッドに入学されての感想は?

先生がすごく親身になって教えてくださいました。優しくてアットホームだけど、厳しいところもあり、技術的にとても伸ばしていただきました。あたたかみのある先生方ばかりでとても良かったです。音大とかだと冷たい印象があったのでウッドに入学してよかったと思います。

─ よくコンサートに出演されていますがいかがですか?

毎回緊張しています!でも一つずつ階段を登るように回数を重ねて場馴れをしていますので、出演するのは良い経験になります。いつも上がってしまうのですが、それでも舞台に立てて自分を表現できるという喜びがありますね。

─ 学校の雰囲気はいかがでしたか?

とても明るくにぎやかでした。けっこう年齢がみんなバラバラだったので刺激しあえて良かったですね。エレクトーンの方もいらっしゃったので、違う楽器の勉強になったりましたし、音楽的に幅が広くなった感じです。

─ 今後の音楽的な目標は?

プレイヤーです。楽しみながら技術やレパートリーを増やして、色んなジャンルの曲を弾きたいですね。

─ 来年度に入学される生徒さんにアドバイスをお願いいたします?

夢を持って皆さんいらっしゃると思うんですが、まず楽しく勉強することですね。そして音楽とは長いものですし、いろいろ人生とか気持ちとかが音楽性にも反映すると思います。人生経験を積んで、気持ちを豊かにして、それが何か形になればいいなと考えていただきたいと思います。

─ 研究科にあがられたそうですが、その動機は?

最初は考えてなかったのですがカリキュラムがさらに濃かったんです。ここで終わりにするんだったら、もっと上に上がりたいっていうか、さらにさらに上を目指したいという気持ちですね。そして先生が熱心でした。特に近藤先生の理論とかすっごいわかりやすくて中身が濃いので、もっともっと聴きたいと思いました。後は様々なアレンジもしてみたくて、研究科に行きました。

─ 入学前は何をなさっていたのですか?

大学院で生物学の研究をしていました。しかし、音楽も大好きなので年齢的に最後のチャンスだと思い、思い切ってウッドに入りました。

─ ウッドを選ばれた理由は?

音楽大学もちょっと考えてたんですが、音大でクラシックを極めても、自分の表現したいものがクラシックの中だけで出来るかというと違うなって感じでした。
やはりPOPSなども学んでみたいと思いました。それとあまり時間もかけられないということもありますので、まずウッドの説明会に行こうと思いました。

─ 説明会の様子はいかがでしたか?

ピアノ科以外にもギターやヴォーカル科などもあり、ウッドだったら広いジャンルを学べるんじゃないか、いろんな人とも交流できるんじゃないかって期待が膨らみました。
また、音楽大学の卒業生が入学していることも知って、やはりクラッシックだけでは幅広く音楽を表現できないんだなってことがとてもよくわかりました。

─ どの辺がウッドに入学する決め手でしたか?

せっかく音楽を学ぶんだったら、音楽を理論的に分析したり、本格的な勉強をしたかったんです。
他の学校だとピアノを弾くというだけに焦点が合わせてあるようで、深く音楽を分析したり、
現在の流れに合わせたレッスンが受けられないと思いました。
でも、ウッドは今の音楽シーンに必要な授業がすべて組まれていて、授業形態や内容が具体的でわかりやすかったです。ここなら自分が学びたいことが全部大丈夫じゃないかって期待が高まりました。また、友人が他の音楽学校を卒業したのですが、話をしていて「あまり深く勉強していないな」って感じたこともウッドを選んだ理由でもあります。肝心の授業料も分割なら払えるような金額だったし、これならアルバイトしながら通えるって嬉しくなりました。

─ 実際に入学してレッスンはいかがでしたか?

どの授業も自主性が必要だなって思いました。
先生方のスピードも速いのでしっかり授業に集中して、復習をしないと途中でわからなくなってしまうと思います。個人レッスンは、クラッシックとポップスの両方を学んでいるので、すごく勉強になっています。ポップスの方は私はすごいリズム音痴なので(笑)毎回リズムの強化訓練に重点に置く感じです。クラッシックの方は、基礎からきっちりシゴかれています(笑)。二人の先生にレッスンを受けていて「両方習えるなんて本当にお得だな」っていつも
実感しています。

─ イベントには参加されましたか?

はい。入学してすぐの6月ぐらいのコンサートにアンサンブルに参加して、
オータムコンサートはソロで出演したんですが、途中どこを弾いていたかわからなくなっちゃいました!間違ったところだけはっきりわかっていて、「もう一回弾きたい!」って思いながら、なんとか弾き終わりました(笑)。緊張しすぎてしまったんだろうと思いますが、すごく貴重な経験でした。

─ 学校のイメージはどうですか?

ウッドって、バンドとかヴォーカルの若い子達がわいわいしているイメージがありました。 でも、ピアノ科は年齢が高いので専門学校を出た人、留学してた人、大卒で就職した人、本当にいろんな人がいたんで安心しました(笑)。 年齢と関係なく音楽でつながれるってすごいことですよね。

─ 将来の夢は?

いま習っているクラッシックの先生のことをすごく尊敬していて、これからもずっと師匠としてついていきたいって思っています。
ずっとレッスンを受けながら、将来は自分が演奏するための場所を自分で作りたいですね。 ピアノカフェを開くのが夢なんです。

─ 最後に来年度入学されるピアノ本科の生徒さんに一言お願いします。

本当に大事なのは健康管理です。自分の健康をしっかり管理できていないと、やりたいことができなくなってしまいます。
時間もなくなるし、本当にもったいないんで、健康にだけは気をつけてほしいなって思います。実際、自分も休んでしまってプリントをもらったりすると「ああ、こんなに損してしまったな」って、すごく後悔するんです。休んでも授業の内容を確認はできるんですが、授業は出席しないと意味がないです。健康に気をつけて、本当に楽しんでほしいと思います。