TOP > ベーススクールTOP > 生徒さんインタビュー 「私の音楽ライフ」

ベーススクール インタビュー

─ コンさんがベースを始めたきっかけは何ですか?

元々ギターをやっていたのですが、大学のサークルで新たにバンドを作ることになりました。
ベース担当者がいなかったのでそこからベースを弾き始めました。重低音が新鮮で楽しいですね。

─ ベースを習おうと思ったきっかけは?

独学では市販の教則本とか読んでいてもわからないことが多いからです。
習いに行けば、練習で行き詰ってもレッスンで質問したりできるので。
一人だと自分のやり方が正しいのかもわからないので、すぐに詰まってしまってやる気が落ちますよね(笑)

─ ウッドを選んだ理由は?

ネットで色々と学校は調べたのですが、ウッドのHPに載っているインタビューを見て共感できたので、まずは無料体験レッスンに行ってみようと思いました。

─ ウッドのレッスンを受けてみてどうですか?

音楽の学校は初めてだったので来る前は色々と不安でしたが、先生が優しくてとてもリラックスできました。 わからないところは丁寧に教えてくださいますし、話も楽しかったのですぐに打ち解けることができました。

─ ウッドで習って上達したなと感じるところはありますか?

まだ習い始めて8ヵ月くらいですが、音楽理論の知識は驚くほど身につきました。 先日カバー曲をライブでやることになって、楽譜が無くて耳コピをしたのですが、そのときは習った音楽理論がすごく役立ちました。
現在はバンドでのオリジナル曲を作るため、ベースラインの作り方や音楽理論を中心に教わっています。

─ 将来的な目標は?

自分はプロになろうとまでは思っていませんが、音楽は好きなので仕事をしながら休日に音楽を楽しむような生活ができればと思っています。
そのためにも思い通りの演奏ができるよう、頑張ってずっと続けていこうと思います。

─ 好きなアーティストさんは?

東京事変の亀田誠治さんです。カッコイイですよね。尊敬してます。

─ 最後に一言メッセージ

もし習うかどうかで迷っているのでしたら、まずは試しに体験レッスンを受けてみると良いと思います。 体験レッスンは無料ですし、その日に入学を決めなければいけないことはないので。 私がウッドに来てまず思ったのは、受付やスタッフの人の対応がすごく良かったこと。 その第一印象で「ここの学校良いなぁ」って思いました。 そういうところも含め、学校が自分に合うかどうか、実際に見に行くと良いと思います。

─ 現在、お仕事は何をされているんですか?

職業は普通のOLです。コールセンターで働いています。

─ ベース初心者コースに入ろうと思ったきっかけは?

きっかけは…11月11日、まさにベースの日にジャコ・パストリアスにフィーチャーしたイベントが目黒であったんです。
前々からずっと好きなベーシストがいたんですけど、その方がそのイベントに出るというので席を予約して行ったんですね。その日はIKUOさんっていうベーシストと、JINOさん(日野"JINO"賢二さん)と、あと櫻井さん(櫻井哲夫さん)と…まあ有名どころのベーシストがいらっしゃって、改めて聴いてみて「あ、自分もそろそろ聴く側じゃなくて演奏する側になってみたいな」という風に思って、そこからすぐにベースを買いました。買って、自己流でやってしまうと絶対良くないし挫折するので「まずは師を見つけよう」となってウッドを思い出したんです。

─ ベース初心者コースに入られていかがでしたか?

やっぱり今迷ってる方がいたら"Just do it!"ですね!「とにかくやってみなさい!」と(笑)
まずはきっかけを作ることがすべての始まりだと思うんですよ。
そこで「合わない」と思ったらやめればいいし、何かそこで新たに扉が開けばそっちに行けばいいし、とにかくきっかけ作りとして初心者コースをやってみてもいいと思います。

─ フリータイムも継続して習おうと思ったのはなぜですか?

実際に先生との相性が良かったというのが多いのと、あとは自分が10年ぐらいずっと好きなベーシストの方が非常に、今の日本では屈指のベーシストと言われているぐらいレベルが高い方なので、その方に近づくって言ったらおこがましいですけど、その方がやっている弾き方っていうのを自分もやってみたい、要はもっと上を目指したいなって思ったからですね。

─ 今はベースのレッスンではどんな内容を習っているんですか?

スラップです。 私が好きなベーシストが、元からベースは指で弾くものだと思っていた、というところからスタートしているんです。で、私もそもそもベースって指で弾くものだとずっと信じてきたので、自然とスラップを習いたいって思い始めたんですね。
とにかく今はスラップの基礎と、あとは毎回先生に「スラップを弾いてください」って言って、動画で撮影してます(笑) まず形から入りたいのでイメトレから(笑)

─ 目標はありますか?

目標は…チャンスが無かったら諦めますけど、いつか自分が好きなベーシストの前で「実は自分もベースやってるんです」って言って、自分が弾いているのを見てもらいたいなっていうのが夢のまた夢であります。他にもまあ身近で、プライベートでささっと人前で弾くことができたらいいなっていうささやかな目標もあります。

─ 学校の雰囲気はどうですか?

いい意味でゆるいですね(笑) 緊張しない感じ。なじみがあるっていうのもそうなんですけど、最初にウッドに来た初日から全く緊張しなかったです。先生方とか受付の方が人当たりが良い、第一印象が良い、あとは清潔感がある(笑) この三拍子で個人的にはスッと入れました。

─ 最後に一言メッセージをおねがいします。

とにかくさっきも言ったんですけど、「迷ってないでやれ!」(笑)
「まずはトライしてみなさい」と。 本当に先生方がすごく親しみやすいし、初心者コースも「自分は出来ないし…」って思わないで、出来ないからこそ出来るようになるためにやるんだからまずはきっかけ作りのためにこの学校に来てみてください、緊張しないで、っていうことですかね。

─ 山崎さんがウッドを選んだ理由は何ですか?

普段はIT関連の仕事をしていますでので、時間的にベースを習うのは土日しかありませんでした。土日に個人レッスンをやっている大手のスクールを探したらウッドを見つけました。吉祥寺方面でも探しましたが、ウッドの方が月謝も安くて雰囲気が良かったので入会しました。

─ 実際のレッスンを受けての感想は?

先生は「こうしたい」って言ったらすぐに応えてくれますし、色んなジャンルも教えていただけます。本当に習って良かったと思います。毎週土曜日のレッスンがとても楽しみです。

─ ウッドのイメージはどうですか?

大きいスクールですね。ウッド主催のイベントもたくさんありますし、生徒さん同士の交流もしやすいと思います。受付の方やスタッフさんもとても優しく気さくな方たちで良くお話しますがとても楽しいです。

─ 現在音楽活動は何かやってらっしゃいますか?

インターネット上にバンドメンバー募集のサークルがあって、そこで出会った人たちと趣味でバンドを組んでいます。そろそろ新しいベースが欲しいですね(笑)

─ 最後に一言お願いします!

ウッドのレッスンでは、先生が生徒の身の丈に合ったレベルまで下げて教えてくれるのでとても成長します。分からないことは聞いたらすぐに教えていただけます。だから、楽器に馴染みのない方でもスムーズに始められる学校です。私は中学のリコーダー以来音楽をやってなかったんですけど、そのレベルからスタートしてもちゃんとバンドでライブができるぐらいまでになれました。もちろん、そうなれたのはウッドの先生達やスタッフさんの協力があったからなので、一人でやろうと思ってもなかなかできなかったことだと思います。レッスン料も安いので、迷っている方もチャレンジしてみるといいですよ。

─ 入倉さんがウッドを選んだ理由は何ですか?

ベースはもう15年くらい前に遊びでコピーから始めました。2〜3年前から本格的にやりたくて、いろいろなスクールの無料体験レッスンを回りました。ウッドではベース科の大場先生が教えてくださって、他のスクールとの違いを大きく感じて入会しました。

─ 実際のレッスンの感想はどうですか?

単刀直入に言えば『素晴らしい』の一言ですね。毎回大場先生に教えていただいて、それを次の週までにしっかりと練習します。そしてレッスンに行くとまた他の知らないことを教えていただけるんです。今までは教則本やネットを見て勉強していたんですけど、そういうところからは絶対に得られないようなものを分かり易く教えていただけます。自分の中でもウッドに来てからかなり上達したという実感があります。

─ 将来の夢はなんですか?

将来的にプロのベーシストとしてやっていきたいと思っています。

─ 学校の雰囲気は?

個人レッスン以外にもうひとつイヤートレーニングという講座を受けています。そちらはグループでのレッスンなので、ざっくばらんで暖かい感じです。僕は途中から入ったんですけど、前からいた生徒さんや先生も入りやすい雰囲気を作ってくださるので、自然と溶け込むことができました。

─ 学校選びで悩まれている方々へのアドバイスを!

僕もそうだったんですが、スクール選びは慎重にするべきです。僕が他のスクールも回って一番感じたのは、先生の雰囲気と人柄はとても大切だということです。ウッドの先生はみんな生徒ひとりひとりに合わせてくれて、僕はベースの大場先生ととても相性が良かったです。体験レッスンで演奏を聴いたときに本当に凄い方だなって思って、ぜひこの人に教えていただきたいなと思いました。一番グッときたのは、『プロミュージシャンになるには理論も必要だけど、最終的には感覚に戻る事だ』とおっしゃってくださったことです。レッスンを受けていないと感覚だけで音楽をやったり、逆に理論で頭が固まってしまいます。学校を探すときは実際に体験レッスンを受けてみて、自分にあった学校を探すのが一番だと思います。

「将来の夢はガールズバンドのベーシストとして活動することです!」


─ 音楽を本気で始めたきっかけは?

2年前の高3の時に、スカパー「JK Fridaynightばきゅん!」って番組で知り合った プロデューサーさんに紹介されて、やはりスカパーの「アキバ系BBチャンネル」で生まれた4人 組ガールズバンド『Up's Infinity (アップス・インフィニティ)』でベースを担当 してからですね。

─ バンドはどのような活動をされていましたか?

CDを出したり、タワーレコードでインストアイベントをしたり、地方でライブをしたこともあります。

─ デビュー後にウッドに入学したんですね。

はい。バンドは残念ながら解散してしまいましたが、活動していた2年の間はもっともっと音楽を本気で勉強したいなって思っていました。

─ ウッドを選んだ理由は?

全日制コースの説明会に行って、入学を決めました。集中的に学べるっていうのが、自分の中で魅力的だったので即決しました。それと、先生方が親切だったし、担当していただいた大場先生の体験レッスンが凄くよかったです。

─ スクールの印象はいかがですか?

すごくいいです! 先生方もみんな明るくて、名前もすぐ覚えてもらいました(笑)。 私は高校を卒業してすぐデビューしたので、久しぶりの学生生活を楽しんでいます(笑)

─ 入学してベースは変わりましたか?

これまではベースのことはほぼ独学でやってきて、弾き方や運指とかがごちゃごちゃだったんですけど、1から指導してもらって、だいぶ弾きやすくなりました。自分がずっと疑問に思っていたことや、誰にも聞けなかったことも、質問したらすぐに教えてくれて、悩みもすぐ解決されました。

─ 将来の夢は?

やはりガールズバンドのベーシストとして活動することですね。とりあえず今はいろいろなところにアピールしてがんばっていきたいなと思っています。

─ ホームページを見ている人にひとこと。

ウッドはとてもアットホームな学校だと思います。
先生と生徒の距離が近くて何でも相談できるので、「学校がちょっと苦手だったな」という人も、きっと気軽に通えるんじゃないかな。
人数もちょうどいい感じで、みんなが仲良くなれるのもいいし、とにかくアットホームで楽しい学校です!

─ ウッドに入学しようと思ったきっかけは?

高校1年生の時に地元のギタリストに誘われて、マキシマムザホルモンやONE OK ROCKのコピーバンドをしていました。最初はお遊び程度だったんですが、だんだん本格的にやろうと思うようになって、高校を卒業してスクールを色々探してみてウッドを見つけました。最初にバンドに誘ってくれたギターとヴォーカルとの3人で一緒に入学しました。

─ ウッドを選んだ理由はなんでしたか?

他の学校も検討したんですが、学費が安かったのと、個人レッスンが受けられるのがポイントでした。それに説明会に参加して、椎名先生と大場先生のギターとベースのセッションに度肝を抜かれて、迷わず決めました。

─ レッスンはどうですか?

個人レッスンもグループの授業も自分のためになるなって思います。独学ではやっぱり限界がありますし、先生に教わって分からなかったことがわかるようになった感動ものです,自分でも少しは成長できたかなって思います。

─ ウッドの雰囲気はいかがですか?

「ザ・学校」って感じで楽しいです(笑)。ギター科やベース科を中心に友達もできて、わいわいやっています。イベントもライブがたくさんあって充実しています。ステージ経験が増えて、度胸がつきました。ライブでは賞をもらったりして、自信につながっています。

─ 将来の夢は?

バンドマンになってライブハウスツアーをしてみたいです。

─ 入学を検討している人にひとこと。

遠方から上京してくる人は凄く不安かもしれませんが、ウッドは先生も熱心だし、スタッフも気さくで話しやすいからすぐになじめます。先生を信じて頑張ればきっと自分の理想に近づけると思います。

─ 東田さんが ウッドを選んだきっかけは何ですか?

ウッドの事はBASSマガジンで初めて知りました。他の学校と比較した結果、ホームページやパンフレットから『自分に一番合う学校だな』と思い「説明会」に行きました。音楽だけの授業で、夏・冬・春休みが無く一年間本気で打ち込めるカリキュラムということが一番のポイントでした。

─ 将来の目標はなんですか?

ベーシストに限定せずに音楽プロデューサーの仕事にも携わりたいです。

─ ウッドでの授業はどうでしたか?

凄いです! 内容が充実しているだけでなく、現場で活躍している先生からの経験談もたくさん聞けて、本当に参考になりました。入学する前にレコーディングした自分の演奏を聴いてみたら、一年間の成長をメチャ感じました。(笑)

─ ウッドに対するイメージは?

先生も凄いし、イベントもたくさんあってどんどん実力が付けられる場所。もっと多くの人に知ってもらいです。

─ 後輩に一言

遠方から上京してくる人は凄く不安かもしれませんが、ウッドは先生も熱心だし、スタッフも気さくで話しやすいからすぐになじめます。先生を信じて頑張ればきっと自分の理想に近づけると思います。

─ 中村さんが ミュージックスクールウッドを選んだきっかけは何ですか?

関西ではかなり有名なバンドでベースを担当していました。仕事の関係で千葉に引っ越して来た時、自分のモチベーションを上げるためにに週1回で習うとかじゃなくて、1年とか2年とか毎日通えるような所を探して、いくつかの学校を調べました。しかし電話の対応が悪かったりパンフレットが送られてこなかったり変なところが多かったです。ウッドは対応も良くいろいろな相談に載ってくれたので、ここに決めました。

─ 将来の目標はなんですか?

一番はベースの先生になりたいです。あとは、地元の千葉でライブを頻繁にやるのですが、結構有名な音楽仲間が増えまして。そういう人達からライブハウスでのセッションに誘われることが多くなってきて、そういうことにも興味が出てきましたね。

─ 実際のレッスンはどうでしたか?

とにかく良かったです。担当の大場先生のテクニックには一目惚れでした。本当に素晴らしい先生で、一回でも受ければそういうのって分かるじゃないですか。この先生ならもっともっと上手くなれると実感しました。本科の個人レッスンは先生を選べるのですけど、全部大場先生にしました。そのおかげで上達がグッと早くなったと思います。

─ 学校の雰囲気は?

先生やスタッフの方が学校を明るく楽しいものにしてくれていましたね。いろいろなイベントがあって、中でも修学旅行が凄く良かったです。普段から先生には仲良くしてもらっていますが、さらに仲良くなれた感じがします。

─ べース本科を検討している方にアドバイスをお願いします。

みんな色んな目標や想いがあると思いますが、ウッドの先生なら誰にでも応えてくれると思います。どんどん先生にアプローチしていろいろ聞いた方が良いですね。先生方はとにかくみんな親切なので、音楽の相談とか、全然違うけど恋の悩みとかもいいんじゃないかなと思います(笑)
無料体験レッスン