TOP > ベーススクールTOP > 楽器をはじめよう! 「ベース女子」 始めませんか? > ベース科 冨田学美さん

ベースを弾きながら歌う「ベース×ボーカル×女子」
歌を歌わなくても女子が楽器を演奏してるってだけでじゅうぶんカッコイイんです!
!
楽器を演奏する女子ってカッコイイなって思います
!
ベースを始めたきっかけは?
学生の頃、仲良い友達がギターを始めて、仲間同士でバンドやりたいなと思って「その子がギターだったので私はベース」みたいな感じで 結構軽いノリで始まったんです。そして、中学生の頃に大きな音楽フェスに行ったんですが、その時に初めてまともにベースの音を聴いていて 「あ、ベースってカッコイイな」って思って。 最初のきっかけは友達と一緒にやりたかったんですけど、そういったところからどんどんハマって今に至るみたいな感じです。
なぜベースだったのですか?

最初はギターもいいなって思ったんですけど、やっぱりベースにしか出せないカッコ良さっていうのが結構あるなって思いました。低音で響くベースの音がカッコイイなって思ったんです。

ベースをやりたいって思っている女子ってカッコイイなって思います。ベースを始めるとまずリズム感覚もつくし、当然音楽をやるにはリズム感覚はとても重要なので、そういう事が身に付くのは良い事だと思います。
あと、ギターの方が目立つってイメージがありますけど、ベースは低音で良いフレーズを弾いているとライブでも「おっ!」って思われるんですよね。自分でも良いフレーズが弾けてると「ノって」きますね(笑)
ベースってどこか渋いイメージがあるじゃないですか、音色も渋いし、弾き方だったり、弾いてる人だったり。そういう渋さみたいのも出せるからイイって思いました。

!
始めた頃はどんな感じだったのですか?

最初の頃は本屋さんで売ってるバンドスコアとか楽譜を買って、ギターの友達の子と一緒に合わせたりして「楽しいね〜♪」とか言って(笑)人と音を合わせるのを楽しんでましたね(笑) なので学校が終わってから時間合わせて「この曲やってみよ〜」とかやってましたね。

ベース歴はどのくらいですか?
最初は趣味というか遊びと言うか、友達と一緒に楽器で楽しむために気軽に始めたのですが、だんだんとやっているうちにもっとうまくなりたいという気持ちが出てきて、高校の途中からガチでやろうと思いました。 ガチになってからは4〜5年です。
!
ベースの学校を探していたのですか?
最初は専門学校というよりは「音楽理論」を週一で通って学べる学校は無いのかな?と思って探していたのですが、あまり良いなと思うところが見つからなくて、でもフリーターだったので普通に全日制で通う学校でも良いのかなって思って探してみたらウッドは1年で学べるっていう事だったのと専門学校に比べたら内容の割に学費がかなり安かったので良いかもと思って学校説明会に行ってみました。
他のところは専門学校も含めて2年っていうのがほどんどだったので。
学校で習おうと思った理由は?
バンドをやっていた時にオリジナル曲について他のメンバーが「コード」とか「スケール」とかの理論で話をしているのを聞いていても、自分はまったく理解ができなくてついていけませんでした。参考書とか色々と買って音楽的基礎知識を独学で勉強をしようと思ったのですが、どれを読んでもぜんぜん頭に入ってこなくて。
友達にも「わからないところは教えてあげるよ」って言ってくれたんですけど、わからないところが分からなくて(笑) だから学校で先生に順を追って教えてもらった方が理解できるかなって。
まず音楽理論の勉強の仕方が何から覚えれば良いかがわからなかったので。
!
学校で習うのは初めてなのですか?
高校生の時に月謝制の音楽スクールには通っていました。その時にベースの基本的な事はやったんですけど、ウッドに入ってから フォームの改善とかはこうした方が良いよとか、もっと指を立てた方が良いよとか、けっこう細かいところまで指摘されて。全日制ベース科に入学する前に早期申込み特典の個人レッスンに2ヶ月くらい通っていたのですが、「フォームを変えればもっと弾けるようになるよ」って徹底的に指導されました。たしかにフォームを変えたら弾けるようになった曲が増えましたね。
学校のレッスンはいかがですか?

こんな風に覚えれば意外と簡単なんだなとか、今は色んなことが吸収できるようになってて、毎日色々な刺激を受けますし、一つ一つわからなかった事が どんどん解決していくのが面白くなっています。 学校に通っていなかった一年前に比べると 自分がかなり変わってきてるなって思います。
なので、どうしようかな?って考えているよりも 学校に習いに来て良かったなって思います。

!
でも楽器って難しそう?
自分が今までやった事が無い事にチャレンジするって考えたときに、「こんなの絶対できない」「こんな難しそうな事自分にはムリ」・・・なんて、いきなり上手になれるのかを想像してしまって、ハードルを高く感じてしまいがちです。 つまり、何もできない自分がいきなり難易度の高い事をするような想像してしまうから「ムリだ」と感じてしまうのだと思うのです。 実際、プロで活躍している人たちも始めた頃は初歩の基本練習からやっているんですよね。つまり誰でもスタートラインは同じってことです。
自分も以前、楽器を習い始めた頃は、始めてから3か月くらいして、ふと気が付けば自分が上達しているのを実感しました。
最初に先生の模範演奏(CD音源)を聴いたときに「すごい難しそう・・・」って感じていたのに、数か月して気が付けば「そんなに難しくなさそう」って思えてるんですよね。
例えばですが、階段を登るのに何段も一気に登ろうとするのは大変だけど、地道に1段ずつ確実に登れば気が付けば高い場所まで登ってたりするのと同じなのです。だから最初に難しそうって感じるのは当たり前で、初めての人にも上達の近道を教えてくれるのが学校なのです。
無料体験レッスンに参加してみると実感できると思います。楽器を持っていなくても 参加者にはその場で無料で貸出ししています。何も持たなくても安心して参加できます。
エレキベース初心者体験レッスン
でも楽器って難しそう?
● 授業料が高ければ良い学校なの? ● レッスンの内容はどうなの? ● まったくの初めてでも大丈夫?
● 先生や学校の雰囲気は? ● 交通の便はどう? ● どんな感じで教えてくれるの?
など、実際に体験しないと分からないことだらけです。 ベースの上達は良いスクール選びが第一歩。
高度なテクニックと知識を持つプロ講師が親切丁寧に対応いたします。 初めての方でも安心してお申込みください。 楽器をお持ちでなくてもウッドで用意してありますので、お気軽にご参加いただけます。
新宿校 毎週 日曜日 15時〜16時
※ この無料体験レッスンは、ベースが初めての方のクラスです。
!
お申し込みはフォーム、またはお電話にてお申込みくだささい。
!
!
ベースを弾きながら歌う「ベース×ボーカル×女子」
無料体験レッスン